用瀬(読み)もちがせ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

用瀬
もちがせ

鳥取県東部,鳥取市南部の旧町域。千代川中流域にある。 1918年町制。 1955年大村,社村と合体。 2004年鳥取市に編入。中心集落の用瀬は天正年間 (1573~92) 磯部氏の城下町江戸時代智頭街道宿場町河港として繁栄。二十世紀梨を産する。室町時代からの伝統行事「流し雛」は全国的に知られ,また全国の雛人形を集めた展示館もある。一部は氷ノ山後山那岐山国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

用瀬
もちがせ

鳥取県東部、八頭(やず)郡にあった旧町名(用瀬町(ちょう))。現在は鳥取市の南端部を占める地区。旧用瀬町は1918年(大正7)町制施行。1955年(昭和30)社(やしろ)、大村(おおむら)の2村と合併。2004年(平成16)国府(こくふ)町、河原(かわはら)町、気高(けたか)町、鹿野(しかの)町、青谷(あおや)町、福部(ふくべ)村、佐治(さじ)村とともに鳥取市に編入。JR因美(いんび)線、国道53号(智頭(ちず)街道)、482号が通じる。西部は岡山県と接する。中心の用瀬は千代(せんだい)川とその支流佐治(さじ)川の合流点に発達した谷口集落で在方商業町。天正(てんしょう)年間(1573~1592)には景石(かげいし)城があり、近世は智頭街道の宿場町。産業は農林業が主体であるが農家人口は減少傾向にあり、兼業化が進んでいる。米作のほか、ナシ、カキ、ネギ、茶を栽培する。人形(ひとがた)に穢(けがれ)を託して川に流す流し雛(ながしびな)の「用瀬のひな送り」(県の無形民俗文化財)の行事や、県保護文化財絹本着色釈迦(しゃか)十六善神(ぜんじん)像、県天然記念物犬山(いぬやま)神社社叢(しゃそう)などがある。[岩永 實]
『『用瀬町誌』(1973・用瀬町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

用瀬の関連情報