コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用瀬 もちがせ

2件 の用語解説(用瀬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

用瀬
もちがせ

鳥取県東部,鳥取市南部の旧町域。千代川中流域にある。 1918年町制。 1955年大村,社村と合体。 2004年鳥取市に編入。中心集落の用瀬は天正年間 (1573~92) 磯部氏の城下町江戸時代智頭街道の宿場町,河港として繁栄。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

用瀬
もちがせ

鳥取県東部、八頭(やず)郡にあった旧町名(用瀬町(ちょう))。現在は鳥取市の南端部を占める地区。旧用瀬町は1918年(大正7)町制施行。1955年(昭和30)社(やしろ)、大村(おおむら)の2村と合併。2004年(平成16)国府(こくふ)町、河原(かわはら)町、気高(けたか)町、鹿野(しかの)町、青谷(あおや)町、福部(ふくべ)村、佐治(さじ)村とともに鳥取市に編入。JR因美(いんび)線、国道53号(智頭(ちず)街道)、482号が通じる。西部は岡山県と接する。中心の用瀬は千代(せんだい)川とその支流佐治(さじ)川の合流点に発達した谷口集落で在方商業町。天正(てんしょう)年間(1573~1592)には景石(かげいし)城があり、近世は智頭街道の宿場町。産業は農林業が主体であるが農家人口は減少傾向にあり、兼業化が進んでいる。米作のほか、ナシ、カキ、ネギ、茶を栽培する。人形(ひとがた)に穢(けがれ)を託して川に流す流し雛(ながしびな)の「用瀬のひな送り」(県の無形民俗文化財)の行事や、県保護文化財絹本着色釈迦(しゃか)十六善神(ぜんじん)像、県天然記念物犬山(いぬやま)神社社叢(しゃそう)などがある。[岩永 實]
『『用瀬町誌』(1973・用瀬町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

用瀬の関連キーワード鳥取県鳥取市嶋鳥取県鳥取市新鳥取県鳥取市千代水鳥取県鳥取市南栄町鳥取県鳥取市浜坂鳥取県鳥取市布勢鳥取県鳥取市南隈鳥取県鳥取市南町鳥取県鳥取市南安長鳥取県鳥取市南吉方

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

用瀬の関連情報