コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水交社 すいこうしゃ

6件 の用語解説(水交社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水交社
すいこうしゃ

旧日本海軍の将校の懇親,研究,共済団体。社団法人。 1876年に創設され,第2次世界大戦の敗戦とともに解散するまで,海軍によって公認された唯一の将校クラブで,海軍士官,海軍高等文官士官候補生の全員を会員とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すいこう‐しゃ〔スイカウ‐〕【水交社】

明治9年(1876)に創設された旧日本海軍高等官の親睦(しんぼく)および研究・共済を目的とする団体。第二次大戦後に解散したが、昭和29年(1954)に水交会の名で復活。→偕行社

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

水交社【すいこうしゃ】

旧日本海軍将校の親睦・研究団体。陸軍の偕行(かいこう)社に当たる。1876年創設。会員は海軍士官・高等文官・士官候補生など。機関紙《水交記事》を発行した。第2次大戦後解体した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すいこうしゃ【水交社】

旧日本海軍将校の親睦・社交団体,およびその施設。海軍高等武官,士官候補生,海軍高等文官,試補を社員とし,海軍武官の皇族を総裁,海軍大臣を社長とした財団法人。社名は〈君子之交,淡若水〉(《荘子》)にちなんだ。1876年海軍将校の親睦クラブとして創立,77年水交会と改称され,78年水交社となった。陸軍の偕行社かいこうしや)と同じく,研究・親睦・共済の機関とされ,東京や鎮守府,要港部所在地に設けられ,機関誌《水交社記事》を90年から発行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

すいこうしゃ【水交社】

旧海軍将校および同相当官の親睦団体。1876年(明治9)設立。第二次大戦後解散。1952年(昭和27)財団法人水交会として再建。 → 偕行社かいこうしや

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水交社
すいこうしゃ

旧日本海軍士官、海軍高等文官、海軍士官候補生の全員を会員とし、会員相互の親睦(しんぼく)や海軍に関する研究を目的として1876年(明治9)に創設された団体。財団法人組織として旧海軍では唯一の公認のものである。東京水交社をはじめ各鎮守府(ちんじゅふ)、要港部所在地に設置され、おもに社交と相互扶助の機関として運営された。第二次世界大戦後解体し、施設の大半が失われたが、1954年(昭和29)、旧海軍将校の団体として水交会が復活、現在に至っている。[纐纈 厚]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone