コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大串貝塚 おおぐしかいづか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大串貝塚
おおぐしかいづか

茨城県水戸市 (旧東茨城郡常澄村塩崎) にある縄文時代前期の貝塚奈良時代の『常陸国風土記』に記されている,巨人が貝を食べてその殻を捨てたところという「大櫛之岡」は,この貝塚のことであろう。日本における石器時代遺跡の最も古い記録の一つとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおぐしかいづか【大串貝塚】

茨城県水戸市塩崎町にある縄文前期の貝塚。「常陸風土記」の巨人伝説で有名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

国指定史跡ガイドの解説

おおくしかいづか【大串貝塚】


茨城県水戸市塩崎町にある縄文時代前期の貝塚遺跡。那珂(なか)川と涸沼(ひぬま)川によってつくられた沖積平野に半島状に突出した高さ約15mの台地の先端部に位置する。1936年(昭和11)からの調査によって、シジミを主体とする淡水産系の貝塚で、土器・石器・骨角器類が発見され、縄文時代前期に属することが判明している。大串貝塚は『常陸国風土記(ひたちのくにふどき)』那賀郡の条に記載される、巨人が丘の上に住み、海に手を伸ばして貝をとって食料とした跡であるという「大櫛の岡の貝塚」に該当し、古文献に記録された最古の貝塚として著名である。1970年(昭和45)に保存のよい東斜面の1703m2が国の史跡に指定された。JR常磐線ほか水戸駅から茨城交通バス「塩崎」下車、徒歩約10分。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大串貝塚
おおぐしかいづか

茨城県水戸市東部、大串町(旧東茨城郡常澄(つねずみ)村大字塩崎(しおがさき))にある貝塚。同地に鎮座する下居(おりい)明神の北西台上畑地、神社の南西、前者より一段下がった低台地上など、神社の周辺部に分布する貝塚を総称してよぶ。本貝塚は那珂川右岸の河口近くに位置する貝塚で、縄文時代前期初頭の花積(はなづみ)下層式、関山(せきやま)式土器の時期のもので、ヤマトシジミ、マガキ、ハマグリなどの貝が多く認められる。1936年(昭和11)8月、大山史前学研究所が本貝塚の発掘調査を行い、『史前学雑誌』に「大串貝塚」と題する報告を公刊している。本貝塚はまた『常陸国風土記(ひたちのくにふどき)』の那珂郡の条にみえる巨人伝説と結び付けられた大櫛(おおぐし)の岡(おか)の貝塚の記事に相当する。縄文時代の貝塚が古文献に記された最古の例である。国指定史跡。[江坂輝彌]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大串貝塚の言及

【常澄】より

…水戸市街地に近い西部では1970年代中ごろから住宅地化が始まり,住宅団地もつくられていた。台地上には遺跡が多く,縄文前期の大串貝塚(史)は《常陸国風土記》に大串岡として記される。東水戸道路の水戸大洗インターチェンジがあり,鹿島臨海鉄道線が通じる。…

※「大串貝塚」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大串貝塚の関連キーワード茨城県水戸市水戸(市)常陸風土記沖積平野涸沼

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大串貝塚の関連情報