コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水産試験場 すいさんしけんじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水産試験場
すいさんしけんじょう

水産業についての各種試験,研究を行なう機関国立,各都道府県立のもののほかに,民間のものもあり,国立のものは水産研究所という (→水産総合研究センター ) 。一般には各都道府県の試験場をさすが,その設立は 1893年の愛知県水産試験所を初めとし,明治年間にはすべての道府県に及んだ。おもな仕事としては,時代によって力点の差異はあるが,各地方の水産業者に対する技術の指導と普及,水産物の増養殖などとともに,水産研究所との協力による漁況や海況調査なども行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

すいさん‐しけんじょう〔‐シケンヂヤウ〕【水産試験場】

水産生物・海洋漁具漁労・水産物製造加工などに関する研究調査を行う機関。各地方自治体に所属する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

すいさんしけんじょう【水産試験場】

固有名詞としては,1929年に設立され,第2次世界大戦後,49年に廃止された国立の農林省水産試験場,あるいは各都道府県に設置されている地方の水産試験場をさす。一般的には水産に関する試験・研究を行う機関の総称で,国立・公立・私立さまざまのものがある。水産という語が使われるようになったのは明治時代になってからであり,組織的に水産に関する調査・研究が行われるようになったのも明治時代になってからである。1877年内務省に水産係が置かれ,81年には農商務省の新設に伴い水産課に変わった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水産試験場
すいさんしけんじょう

国立水産研究所(2001年より独立行政法人となった)の前身であった農林省水産試験場(1929~49)をさすこともあるが、普通は都道府県の水産試験場をさす。略して「水試」という。
 1894年(明治27)の愛知県水産試験場の設立を初めとして、明治30年代にほとんどの府県に設けられるようになり、2001年(平成13)現在では奈良県以外の全都道府県に、海面ならびに内水面に関する水産試験場(今日ではかならずしも「水産試験場」と呼称しない所もある)が設置されている。資源、海洋、水質保全、漁具漁法、製造加工などの調査研究のほか、漁業者や加工業者に対する新技術の普及や技術改善の指導などにあたっている。都道府県内の対応が中心ではあるが、水産研究所に協力して、資源調査や漁況、海況の調査と予測など、都道府県を越えた広域的な課題にも取り組んでいる。[長谷川彰・廣吉勝治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

水産試験場の関連キーワード諏訪湖の魚大量死茨城のアンコウ白浜(静岡県)なかがわ水遊園スケトウダラ温泉トラフグ田内 森三郎名倉 誾一郎秋山 俊一郎ミヤコタナゴ田村 松太郎名倉誾一郎浜島[町]田内森三郎山本 武蔵牛窓[町]松井 佳一玉造[町]橋本 芳郎冨士川 漻

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水産試験場の関連情報