コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市島 いちじま

2件 の用語解説(市島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

市島
いちじま

兵庫県中東部,丹波市北東部の旧町域。由良川の支流竹田川流域に位置し,北は京都府に隣接。 1955年竹田村,前山村,吉見村,鴨庄村,美和村の5村が合体して町制。 2004年柏原町,氷上町,青垣町,春日町,山南町と合体して丹波市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

市島
いちじま

兵庫県北東部、氷上(ひかみ)郡にあった旧町名(市島町(ちょう))。現在は丹波(たんば)市の北東部を占める一地区。1955年(昭和30)竹田、前山(さきやま)、吉見(よしみ)、鴨庄(かものしょう)、美和の5村が合併、町制を施行して成立。2004年(平成16)柏原(かいばら)町、氷上町、青垣(あおがき)町、春日(かすが)町、山南(さんなん)町と合併、市制施行して丹波市となる。名称の「市島」は中心集落名による。旧町域は、北部を京都府と接し、由良(ゆら)川の支流竹田川流域の低地を除くと大部分が山地で、JR福知山(ふくちやま)線、国道175号が竹田川沿いに走る。古くから交通の要衝であった。産業は米作と酪農、養鶏、花木、野菜栽培などの複合経営を行う農業が中心である。白鳳(はくほう)時代の寺院跡である三ツ塚廃寺跡は国指定史跡で、史跡公園として整備されている。そのほか、平安時代に建立された天台宗の神池(じんち)寺、白毫(びゃくごう)寺、石像(せきぞう)寺などの古刹(こさつ)があり、京文化の影響を早くから受けた。[大槻 守]
『『市島町誌』(1977・市島町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

市島の関連キーワード丹波由良丹波市兵庫県丹波市柏原町田路兵庫県丹波市春日町黒井山南〈町〉兵庫県丹波市山南町和田氷上〈町〉兵庫県丹波市氷上町石生兵庫県丹波市氷上町西中

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

市島の関連情報