コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾陵 けんりょうQian-ling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乾陵
けんりょう
Qian-ling

中国,陝西省乾県の梁山の山上にある唐の高宗と則天武后陵墓。唐の盛運絶頂のとき,則天武后が営建したもので,規模が壮大,選地にも明確な特徴がみられる。陵墓の参道の両側に並ぶ石の飛竜馬,石馬,石人,石牌,特に 60の蕃酋石像が有名で,西安の北方にある唐朝十八陵のうち特に重要。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんりょう【乾陵 Qián líng】

中国,唐の高宗(683没)とその妃である則天武后(705没)の合葬陵。陝西省乾県の北西6kmの梁山にある。梁山は南北に延びる尾根で,この自然の地形を巧みに利用して陵墓を築いている。陵の入口は梁山の南端に東西に並ぶ2峰であり,山上に土闕(どけつ)(楼門)をたて,その中間の低い稜線を北上する参道とし,両側に華表,飛馬,朱雀,石馬,石人を左右対象に立て,中門ともいうべき内の土闕に至る。その前に述聖紀碑と無字碑が立つ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乾陵
けんりょう

中国、唐の第3代皇帝高宗李治(りち)(628―683)とその妃則天武后(そくてんぶこう)(?―705)の合葬墓。西安(せいあん/シーアン)の北西約70キロメートル、乾県の北にそびえる梁山(りょうざん)にある。自然の山を利用してつくられた陵だが、正面に門闕(もんけつ)があり、参道を挟んで、華表、天馬、駝鳥(だちょう)、石馬、石人、石碑、諸蕃(しょばん)君長の群像、石獅子(しし)などが並んでいる。これらの石造彫刻は実に堂々としており、華麗で唐帝国の威信に満ちた時代の風潮をよく物語っている。陪冢(ばいちょう)の発掘調査は着々と進められており、李賢墓、李重潤墓、永泰公主(えいたいこうしゅ)墓など、唐の王侯貴族の生活を写実的に描き出した美しい壁画が発見されている。[吉村 怜]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の乾陵の言及

【隋唐美術】より

…唐の王陵は歴代長安城北の丘陵地帯に営まれた。高宗と則天武后を合葬した乾陵(けんりよう)の墓域は約1.5km四方。南端の道門から墓域南門までの参道は約2.9km。…

【石人石獣】より

…高祖李淵の献陵では石犀・石虎を左右に配し,これに神道石柱,石碑を加えるにとどまるが,それ以降になるとしだいに豪華さを加える。高宗の乾陵では神道の南から,神道石柱,石馬,朱雀,石人(武官),蕃像(服属の諸国王の像),石碑,獅子の順に並べるのであるが,石馬は3対,石人は10対,蕃像は60体と著しく数量を増している。このような石人石獣は将作監の属官である甄官署(けんかんしよ)で,石磐,石柱,石碑などとともにつくられ,石人石獣の数は三品以上では6体,五品以上では4体と決められていた(《大唐六典》)。…

【帝王陵】より

…太宗の昭陵では陪葬者が167基に及んでいる。高宗と則天武后を葬った乾陵は陝西省梁山に営まれ,まわりに二重の城壁を築き,四面に門を設け,朱雀門の南に石人石獣18対が配列され,これが唐代諸帝に模倣された。明十三陵は北京市北郊の天寿山の麓にあって,永楽帝を葬った最大の長陵は,直径約250mの円墳の前に,幅約150m,長さ約340mの区画を設けて祭殿が拡大された。…

【陵墓】より

…初代高祖献陵は平地に築かれ高さ約15m,一辺100m前後の方錐形であるが,太宗昭陵は墳丘を築かず九嵕山(きゆうそうざん)の山腹に墓坑をうがち山上陵とし,唐代帝陵の制とした。高宗と則天武后の乾陵では山をめぐって牆壁が築かれ,四方に門があり石獅子がおかれた。南方の朱雀門内には献殿が建てられ,上陵,朝拝の礼など重要な儀式の場であった。…

※「乾陵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乾陵の関連キーワード世界のおもな美術館高宗(中国、唐)チエン(乾)県懿徳太子墓永泰公主墓章懐太子墓石人・石獣高宗[唐]石人石獣永泰公主吉村

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android