コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

求菩提山 クボテサン

5件 の用語解説(求菩提山の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くぼて‐さん【求菩提山】

福岡県東部、豊前(ぶぜん)市と築上(ちくじょう)郡築上町の境にある山。標高782メートル。古くから山岳信仰の山として知られ、山伏の修験(しゅげん)道場として栄えた。多くの遺跡が残っており、山頂には国玉(くにたま)神社がある。国の史跡に指定され、耶馬日田英彦山(やばひたひこさん)国定公園に属する。山名の由来は仏典中のことば菩提(ぼだい)を求める」から。五窟(ごくつ)岳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

くぼてやま【求菩提山】

福岡県東部にある山。耶馬渓溶岩台地が開析されたもので,標高782m。耶馬日田英彦山(やばひたひこさん)国定公園に含まれる。五窟岳ともいい,英彦山,宝満山とともに九州地方の代表的な修験道の山である。縁起では猛覚卜仙(もうかくぼくせん)を開祖とし,行善が白山権現を勧請し求菩提山護国寺や大日窟をはじめ5窟を開き,平安後期に頼厳(らいげん)によって再興されたという。この頼厳は延暦寺座主となった行尊に修験道を学び,求菩提山では千日行をおこし護国寺の再興,宝塔の建立などに尽力した人物とされ,康治1年(1142)銘の銅板法華経,保延6年(1140)銘の経筒などに願主・大勧進としてその名がみえる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔福岡県〕求菩提山(くぼてやま)


福岡県南東部、豊前(ぶぜん)市と築上(ちくじょう)町の境にある山。標高782m。九州地方の代表的な修験(しゅげん)道場の一つで、山頂には顕国魂神(うつしくにたまのかみ)ほかを祀(まつ)る国玉(くにたま)神社が鎮座。耶馬日田英彦山(やばひたひこさん)国定公園に含まれる。山中には多くの経塚(きょうづか)遺跡があり、銅板法華(ほけ)経(国宝)などが出土。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

国指定史跡ガイドの解説

くぼてさん【求菩提山】


福岡県豊前市求菩提・篠瀬・鳥井畑ほか、築上郡築上町寒田にある寺院跡。福岡県東部、瀬戸内海の周防(すおう)灘に面し、大分県と県境を接する豊前市に所在する標高782mの山で、平安時代後期以降全国的に展開した修験道の山の一つである。おもな遺跡としては、山の8合目に山門・講堂・山王社・常行堂・浮殿などをもつ護国寺があったとされ、山頂には磐座(いわくら)のような巨石群があり、この周辺の発掘調査で多くの経塚が確認された。また、山内には修験道遺跡の特徴である修行のための窟が多数所在し、求菩提五窟といわれる大日窟(金剛窟)・普賢窟(胎蔵窟)・多聞窟・吉祥窟・阿弥陀窟や不動窟・弁財天窟などが確認されている。普賢窟から発見された33枚の銅板法華経(縦21cm、横18cm、厚さ2mm)は、これが納められていた銅筥とともに国宝になっている。坊中と呼ばれる修験者の集落も、上谷・杉谷・南谷・西谷・中谷・北谷・下谷の7ヵ所あり、山の斜面を階段状に切り開き、石組みで築かれている。現在は1坊を残すだけだが、求菩提山は修験道の豊富な遺跡を抱え、求菩提資料館に展示される出土遺物や文字資料からも、当時の活動をうかがうことができることから、2001(平成13)に国の史跡に指定された。JR日豊本線宇島駅から市バス「求菩提山登山口」下車、徒歩約1時間。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
この内容は執筆時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

求菩提山
くぼてやま

福岡県豊前(ぶぜん)市と築上(ちくじょう)郡築上町の境にある山。標高782メートル。耶馬日田英彦山(やばひたひこさん)国定公園の北西部に位置し、耶馬渓溶岩台地の一部で、古くから山岳信仰の霊山として開山され、山伏の修験(しゅげん)道場として発達した。山中には求菩提五窟(くつ)と称する普賢(ふげん)窟、多聞(たもん)窟をはじめ、鬼石坊(おにしぼう)跡、座主(ざす)屋敷跡、納経所跡など多くの遺跡が残っており、国玉(くにたま)神社が山頂に鎮座する。2001年(平成13)国の史跡に指定された。求菩提修験道に関する資料を展示した求菩提資料館がある。現在はハイキング客が多い。豊前市のJR日豊(にっぽう)本線宇島(うのしま)駅から資料館前までバス約40分、下車後徒歩30分。[石黒正紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

求菩提山の関連キーワード福岡県豊前市求菩提福岡県豊前市篠瀬福岡県豊前市四郎丸福岡県豊前市高田福岡県豊前市鳥井畑福岡県豊前市野田福岡県豊前市畑福岡県豊前市馬場福岡県豊前市山内福岡県豊前市吉木

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

求菩提山の関連情報