コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河合良成 かわいよしなり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

河合良成
かわいよしなり

[生]1886.5.10. 富山
[没]1970.5.14. 東京
実業家。東京帝国大学法学部卒業後農商務省に勤務したが,財界世話役の郷誠之助にすすめられて,東京証券取引所理事のほか,郷の関係する諸企業に参加。たまたま 1934年の帝人事件に連座して逮捕され,無罪となったが,一時は浪人を余儀なくされた。第2次世界大戦中は東京市助役。戦後小松製作所の経営を引受け,特需のもとに再建に成功,その後同社をブルドーザトップメーカーとして国際的企業に成長させた。他方衆議院議員もつとめ,政界でも終始黒幕的存在として活動。また戦後の日中・日ソ経済交流にも尽力した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河合良成 かわい-よしなり

1886-1970 大正-昭和時代の政治家,実業家。
明治19年5月10日生まれ。農商務省外米課長などをへて東京市助役,農林次官などを歴任。昭和21年第1次吉田内閣の厚相。翌年小松製作所社長となる。27年衆議院議員。のち訪ソ・訪中使節団長をつとめた。昭和45年5月14日死去。84歳。富山県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

河合良成
かわいよしなり
(1886―1970)

日本最大手の建設機械メーカーである小松製作所の経営者。富山県の酒造家の長男に生まれる。東京帝国大学法学部を卒業後、農商務省に入ったが、外米課長のときに辞任。その後、東京株式取引所常務理事、東京市助役などを歴任、帝人事件(1934)で逮捕されたが無罪。第二次世界大戦後、厚生大臣などを経て小松製作所の社長、ついで会長に就任、同社の発展に尽力した。[四宮俊之]
『河合良成著『私の履歴書』(『私の履歴書 経済人2』所収・1980・日本経済新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の河合良成の言及

【小松製作所[株]】より

…31年国産第1号のトラクターを試作,43年には海軍航空基地建設用ブルドーザー(日本のブルドーザー第1号)を完成した。第2次大戦後は47年河合良成が社長に就任,鋳鋼品と機械製品(トラクター,ブルドーザー等)の並行生産で再建を図った。51年フォークリフト,モーターグレーダーの製作を開始。…

【帝人事件】より

…1927年金融恐慌で鈴木商店が破産したとき,子会社の帝人株を台湾銀行が担保としてとったが,台銀も日銀から特別融通を受けたため,その担保として同株は日銀に入れられた。その後,帝人が好調に業績をあげたので,同株を入手しようという動きが活発となり,33年5月財界グループ番町会の河合良成らが10万株を入手した。これに対し34年1月武藤山治(元鐘紡社長)経営の《時事新報》が〈番町会を暴く〉を連載して番町会の帝人乗っ取りで,中島久万吉商工相らも関与した不正があると攻撃,3月武藤の暗殺で疑惑が拡大した。…

※「河合良成」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

河合良成の関連キーワード賄賂罪請託アッタロス[1世]ナンバースクール津野[町]職権濫用罪アッタロス津野町斡旋収賄罪津野(町)

河合良成の関連情報