コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法観寺 ほうかんじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法観寺
ほうかんじ

京都市東山区にある臨済宗の寺。聖徳太子創建と伝えられ,五重塔のみ現存八坂の塔と呼ばれ,高さ 48m,永享 12 (1440) 年足利義教の再建元和4 (1618) 年に大修理が行われ,重要文化財に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうかん‐じ〔ホフクワン‐〕【法観寺】

京都市東山区にある臨済宗建仁寺派の寺。山号は、霊応山。聖徳太子の創建と伝えられる。永享12年(1440)建造の八坂の塔とよばれる五重の塔がある。八坂寺

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほうかんじ【法観寺】

京都市東山区八坂上町,北は八坂神社,南は清水寺のほぼ中間に位置する臨済宗建仁寺派の寺。霊応山と号し,八坂塔と通称する。飛鳥時代の創建で,古くは八坂寺と称した。《延喜式》では盂蘭盆供養料を給される七寺の一つとされ,官寺として栄えたが,1179年(治承3)祇園大衆と清水寺僧徒との合戦の兵火により焼失。91年(建久2)源頼朝の援助を受けて再建されたものの,寺勢は漸次衰えた。1240年(仁治1)当寺中興の祖とされる建仁寺第8世済翁証救が入寺して禅刹となり,現寺号に改められた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうかんじ【法観寺】

京都市東山区八坂上町にある臨済宗建仁寺派の寺。山号、霊応山。聖徳太子の建立と伝える。五重の塔は1440年に再興。八坂寺。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法観寺
ほうかんじ

京都市東山区八坂上(やさかかみ)町にある臨済(りんざい)宗建仁(けんにん)寺派の寺。霊応山(れいおうざん)と号し、通称を八坂塔(やさかのとう)という。本尊は五智如来(ごちにょらい)(大日(だいにち)、釈迦(しゃか)、阿弥陀(あみだ)、宝生(ほうしょう)、阿(あしゅく))。聖徳太子の創建と伝えられ、創建には、八坂郷を拠点としていた渡来系豪族の八坂造(やさかのみやつこ)がかかわったという。『延喜式(えんぎしき)』盂蘭盆(うらぼん)供養料七か寺(当寺のほか、東寺(とうじ)、西寺(さいじ)、佐比寺、野寺、出雲(いずも)寺、聖神(しょうしん)寺)の一つであった。1179年(治承3)兵火にかかり、1192年(建久3)源頼朝(よりとも)により再興される。1240年(仁治1)建仁寺第8世済翁証救(さいおうしょうきゅう)が入住し、真言(しんごん)宗を改めて、以後は禅刹(ぜんさつ)として栄えた。しかし応仁(おうにん)の乱ののちは急速に衰微し、現在では五重塔(国の重要文化財)、太子堂、薬師堂だけがあるにすぎない。五重塔は1440年(永享12)の建造で、飛鳥(あすか)時代の礎石の上に建ち、世に八坂塔と称し、東山の象徴となっている。寺宝の紙本着色八坂塔絵図は国の重要文化財。[平井俊榮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

法観寺の関連キーワード京都府京都市東山区八坂上町須田 国太郎須田国太郎菅野永岑闡提正具覚海円成別院再興浄蔵

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

法観寺の関連情報