コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北淡 ほくだん

2件 の用語解説(北淡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北淡
ほくだん

兵庫県南部,淡路市北西部の旧町域。淡路島の北西部にある。 1955年富島町と仁井村,野島村,浅野村,育波村,室津村の5村が合体して成立。 2005年津名町,淡路町,一宮町,東浦町の4町と合体して淡路市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北淡
ほくだん

兵庫県淡路(あわじ)島北西部、津名(つな)郡にあった旧町名(北淡町(ちょう))。現在は淡路市の北西部を占める一地区。旧北淡町は1955年(昭和30)富島(としま)町と育波(いくは)、仁井(にい)、野島、浅野、室津(むろつ)の5村が合併して成立。2005年(平成17)淡路、一宮(いちのみや)、津名、東浦(ひがしうら)の4町と合併、市制施行して淡路市となる。神戸淡路鳴門(なると)自動車道の北淡インターチェンジがある。淡路島のなかで弥生(やよい)遺跡の多い地域として注目される。富島、室津などの漁港を中心に水産業が盛んで、ノリ養殖地としても重要である。津名丘陵地を利用してタマネギの栽培が行われ、ビワ、ミカン、ブドウの生産も多い。なお、2003年には、農地の有効利用を目ざして、構造改革特別区域の「自然産業特区」の認定を受けている。1995年の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)では震源地に近く、死者39人の大被害を受けた。1997年には、震災で現出した野島断層(国指定天然記念物)の保存館などがある震災記念公園がつくられている。そのほか、淡路市北淡歴史民俗資料館、自然休養村などがある。また1999年には、新しい園芸技術者育成のための県立淡路景観園芸学校が開校した。[吉田茂樹]
『『北淡町誌』(1975・北淡町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北淡の関連キーワード兵庫県淡路市浅野南兵庫県淡路市岩屋兵庫県淡路市浦兵庫県淡路市北山兵庫県淡路市草香兵庫県淡路市里兵庫県淡路市佐野兵庫県淡路市多賀兵庫県淡路市南鵜崎兵庫県淡路市夢舞台

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北淡の関連情報