コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流れ灌頂 ナガレカンジョウ

デジタル大辞泉の解説

ながれ‐かんじょう〔‐クワンヂヤウ〕【流れ×灌頂】

出産で死んだ女性の霊をとむらうために、橋畔水辺に棒を立てて赤い布を張り、通行人に水をかけてもらう習俗。布の色があせると亡霊が成仏できるという。地方によっては水死者のためなどにも行い、供養の仕方にも違いがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

流れ灌頂【ながれかんぢょう】

あらいざらし〉〈流水灌頂〉とも。小川のほとりに四方に竹や板塔婆を立てて布をつり広げ,柄杓(ひしゃく)を添えて通行人に水を注いでもらう習俗。主として難産で死んだ女性の供養のために行い,布の色や塔婆の文字が消えるまで死者は成仏できないという。
→関連項目灌頂

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ながれかんぢょう【流れ灌頂】

主として水死者や死亡した妊産婦回向(えこう)や,また魚類などの供養のために行う仏事川施餓鬼(かわせがき)の一種であり,流水(るすい)灌頂ともいう。この行法典拠は《金光明経》流水長者子品によるとされるが,1689年(元禄2)成立の《寂照堂谷響集》に〈これ経軌の説にあらず(中略)本邦古徳,経軌のむねを按じて,しかも施設するところなり〉(流水灌頂条)とあるように,日本で始修された呪術的供養法である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

流れ灌頂
ながれかんじょう

死者儀礼の一つ。「産で死んだら血の池地獄、あげておくれよ水施餓鬼(みずせがき)」という歌があるように、難産で死んだ女性の霊は血の池に落ちて苦しむという仏説に基づき、その霊を救済しようとする呪(じゅ)的な行事。洗い晒(ざら)し、水かけ供養などともいい、水辺に4本の杭(くい)や竹を立てて布を張っておき、通りがかりの人に柄杓(ひしゃく)で水をかけてもらう。赤い布の色や、布に書いた経句の文字が消えると、死者の霊が成仏(じょうぶつ)するという。川に縄や布を流す例もある。灌頂は本来、頂(いただき)(頭)に水を灌(そそ)ぐことで、キリスト教の洗礼と同じく、俗人から聖職に生まれ変わる儀礼であった。成人式や婚礼にも水祝儀(しゅうぎ)などがあり、通過儀礼の折々に次の段階に生まれ変わる意味がある。産死は予測できない不幸であるが、仏教儀礼やその元になった再生の呪術を取り込み、さらにいくつかの要素を加えて、極楽浄土(ごくらくじょうど)に再生させようとする行為である。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の流れ灌頂の言及

【水】より

…井戸にも同様の崇拝がみられることがある。同時に水には,死者の汚れを清め死霊を他界に導く霊威があるとされ,そこから死者の死水をとり墓場に水を供えることが行われるようになり,さらに盆の精霊(しようりよう)流しや流れ灌頂などの民俗も生みだされた。井戸【山折 哲雄】。…

※「流れ灌頂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

流れ灌頂の関連キーワード峰 隆一郎峰隆一郎鉦たたき卒塔婆

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android