コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅科 あさしな

2件 の用語解説(浅科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅科
あさしな

長野県東部,佐久市北西部の旧村域。佐久盆地の北西部,千曲川西岸の段丘上にある。 1955年中津村,五郎兵衛新田村,南御牧村が合体し浅科村が成立。 2005年佐久市,臼田町,望月町と合体して佐久市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅科
あさしな

長野県中東部、北佐久(さく)郡にあった旧村名(浅科村(むら))。現在は佐久市の北西部を占める。旧浅科村は2005年(平成17)佐久市に合併。佐久盆地に位置し、千曲(ちくま)川の左岸段丘面と、御牧(みまき)ヶ原にわたる。近世は中山道(なかせんどう)(現、国道142号)が通過し、旧村の中心集落である八幡(やわた)に宿駅が置かれ、現在も宿駅のおもかげを残す。旧五郎兵衛新田村は寛永(かんえい)年間(1624~1644)市川五郎兵衛が開いた用水によってできた新田集落で、当時の史料を集めた資料館があり、堰(せき)も残っている。また、御牧ヶ原は古代、信州の代表的な官牧場で御馬寄(みまよせ)、駒寄(こまよせ)などの集落や、八幡(はちまん)神社がある。付近は薬用ニンジンの栽培が特色。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浅科の関連情報