コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜中[町] はまなか

百科事典マイペディアの解説

浜中[町]【はまなか】

北海道東部,厚岸(あっけし)郡の町。太平洋に面し,根室本線が通じる。コンブの大産地として有名。中心集落は浜中湾に臨む漁港霧多布(きりたっぷ)で,水産加工が盛ん。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はまなか【浜中[町]】

北海道東部,釧路支庁厚岸(あつけし)郡の町。人口7866(1995)。太平洋に面し,町域は標高60m内外の丘陵地と霧多布(きりたつぷ)島,嶮暮帰(けんぼつき)島などの小島からなる。気候は寒冷で春から夏にかけて濃霧が多い。中心集落の霧多布は霧多布島の砂州上にあり,1960年のチリ地震の津波で陸繫砂州の一部が切れたため,現在は霧多布大橋により陸地と結ばれる。内陸部の台地上を根室本線と国道44号線が通る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

浜中[町]の関連キーワード霧多布湿原

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android