コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜坂 はまさか

2件 の用語解説(浜坂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜坂
はまさか

兵庫県北西部,新温泉町北部の旧町域。日本海に臨み,西で鳥取県に接する。 1891年町制。 1954年大庭村,西浜村の2村と合体。 2005年温泉町と合体して新温泉町となった。中心集落の浜坂は浜坂湾奥にある港町で,1912年の山陰本線の開通まで廻船業で知られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浜坂
はまさか

兵庫県北西部、美方(みかた)郡にあった旧町名(浜坂町(ちょう))。現在は新温泉(しんおんせん)町の北部を占める一地区。1891年(明治24)町制施行。1954年(昭和29)浜坂町は大庭(おおば)、西浜の2村と合併。2005年(平成17)温泉町と合併して新温泉町となる。日本海に臨み、岸田川下流の沖積地を除くと旧村域の大部分が山地である。海岸沿いをJR山陰本線と国道178号が走る。浜坂、諸寄(もろよせ)、居組(いぐみ)など5漁港があり、底引網、沖合イカ釣り漁業が盛んで、ズワイガニの水揚げが多い。焼きちくわなどの水産加工品の生産も多い。
 特産浜坂針は18世紀末に長崎の職人を連れ帰ったことに始まる。第二次世界大戦後はレコード針、特殊針の生産が増加、一時、レコード針は世界の60%を生産した。海岸は奇岩、怪石、洞門が連続し、とくに但馬御火浦(たじまみほのうら)(国の名勝・天然記念物)は山陰海岸国立公園を代表する景勝地。久谷(くたに)ざんざか踊り、麒麟獅子舞(きりんししまい)などの民俗芸能もある。[大槻 守]
『『浜坂町史』(1967・浜坂町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浜坂の関連情報