浦里・時次郎(読み)うらざと・ときじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「浦里・時次郎」の解説

浦里・時次郎 うらざと・ときじろう

初代鶴賀若狭掾(わかさのじょう)の新内節「明烏夢泡雪(あけがらすゆめのあわゆき)」の主人公
吉原の遊女浦里になじんだ時次郎は,借金をかさねる。雪の庭で妓楼主人に責められる浦里をたすけ,明けのなく淡雪のなかをふたりの道行きがはじまる。明和6年(1769)江戸三河島でおきた心中事件を題材にしたもので,のち人情本,歌舞伎などにもとりあげられた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android