三芳(読み)みよし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三芳
みよし

千葉県南部,南房総市中部の旧村域。房総半島南部に位置する。 1953年稲都村,滝田村,国府村の3村が合体して三芳村が成立。 2006年富浦町,富山町,白浜町,千倉町,丸山町,和田町と合体して南房総市となった。中世には安房国の国府が置かれ,近世には江戸幕府の直轄地となった。館山地溝帯の中部を占め,米作を中心に酪農や果樹栽培,野菜の施設栽培が行なわれる。

三芳
みよし

愛媛県東部,西条市北部の旧町域。燧灘に面する。 1971年壬生川町と合体して東予町,1972年東予市となり,2004年3市町と合体して西条市となった。今治街道 (国道 196号線) 沿いの宿場町。大明神川の扇状地上で米作,西部では果樹の栽培と畜産を行なう。瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三芳の関連情報