浦・浜(読み)うらはま

世界大百科事典 第2版の解説

うらはま【浦・浜】

一般に,海に突出したに対して陸地が湾曲して湖海を抱えこんでいるところをといい,岩塊の露出したに対して砂泥や小石からなる海岸平地をという。日本の前近代を通じて漁村を表示する地名用語。古代社会においては,律令制的な公私共利の原則の下に浦浜の排他的領有は禁じられ,地域共同体全体による用益が行われていたが,他面それと競合する形で,王権に直属して(にえ)を納する贄人海部(あまべ)などの漁民集団の漁場利用も存在していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android