コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浪江町 なみえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浪江〔町〕
なみえ

福島県東部,請戸川(うけどがわ)と高瀬川に挟まれた町。太平洋に面する。1900年町制。1953年請戸村,幾世橋村の 2村と合体,さらに 1956年大堀村,苅野村,津島村の 3村と合体して成立。江戸時代,海岸の請戸には相馬藩(→中村藩)の浜倉庫があったが,近代以降は沿岸漁業の基地となった。請戸川河口にサケ漁の名所があり,簗場では卵を孵化させ稚魚を放流する。中心地区の浪江は陸前浜街道宿駅として発達した。阿武隈高地では畜産,石材の産出が盛ん。製薬,自動車部品,電気関係の工場も立地する。大堀地区の大堀相馬焼は特産。請戸川流域では米作と果樹栽培が盛ん。JR常磐線,国道6号線が南北に,国道114号線が東西に通る。2011年,東北地方太平洋沖地震に伴う津波により大きな被害を受けた。面積 223.14km2。人口 2万905(2010),0(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

浪江町

原発事故の影響を強く受けた福島県双葉郡8町村では人口も面積も最大。東西に広く、太平洋に面した平たん部に役場や商店が集まっている。 町内は放射線量に応じて3区域に分割された。「居住制限」と「避難指示解除準備」の2区域は来年3月の解除を目指す一方、最も放射能に汚染された「帰還困難区域」(年間放射線量50ミリシーベルト超)は山間部の広範囲が指定され、立ち入りが厳しく制限。解除の見通しは立っていない。町民は福島県内に約1万4500人、県外に約6400人が避難。今もプレハブ仮設住宅で約3千人、借り上げ住宅で約4500人が避難生活を送っている。 馬場有町長は昨年11月の町長選で当選し、3期目。

(2016-03-12 朝日新聞 朝刊 神奈川全県・2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

浪江町の関連キーワード福島県双葉郡浪江町北幾世橋福島県双葉郡浪江町小野田福島県双葉郡浪江町谷津田福島県双葉郡浪江町権現堂福島県双葉郡浪江町昼曽根福島県双葉郡浪江町幾世橋福島県双葉郡浪江町赤宇木福島県双葉郡浪江町下津島福島県双葉郡浪江町南津島福島県双葉郡浪江町藤橋福島県双葉郡浪江町両竹福島県双葉郡浪江町室原福島県双葉郡浪江町樋渡福島県双葉郡浪江町苅宿福島県双葉郡浪江町小丸福島県双葉郡浪江町加倉福島県双葉郡浪江町大堀福島県双葉郡浪江町川添福島県双葉郡浪江町請戸福島県双葉郡浪江町牛渡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浪江町の関連情報