コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮(か)び上(が)る ウカビアガル

デジタル大辞泉の解説

うかび‐あが・る【浮(か)び上(が)る】

[動ラ五(四)]
水中・水底にあるものが水面に現れ出る。また、地上にあるものが空中に上がる。「魚が―・る」「アドバルーンが空に―・る」
苦しい状態を抜け出してよくなる。下位にあったものが上位になる。「最下位から―・る」
隠れていた物事が表面に現れる。鮮明になって人目につくようになる。「捜査線上に―・る」「東京タワーが夜空に―・る」
意識に出てくる。思い出される。
「突然一人の頭の中へカンナの予言が―・った」〈横光・碑文〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

浮(か)び上(が)るの関連キーワードアドバルーン

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android