浮(き)上(が)る(読み)ウキアガル

デジタル大辞泉の解説

うき‐あが・る【浮(き)上(が)る】

[動ラ五(四)]
水中から水面に現れ出る。「難破船が―・る」
空中に持ち上がる。今までついていた地面などとの間にすきまができる。「気球が―・る」「地震で土台が―・る」
周囲から遊離して形・輪郭などがはっきりと現れる。きわだつ。「富士山が青空に―・って見える」
隠れていた物事が表に現れる。うかびあがる。
「突然妙な事が己の記憶から―・った」〈鴎外青年
苦しい状態から抜け出る。うかびあがる。「下積みから―・る」
集団の中で周りの者の理解が得られず孤立する。「幹部の考えは一般組合員から―・っている」
気持ちがうわつく。軽はずみになる。
「軽部の心をそのとき―・らせてしまったのに違いないのだ」〈横光機械

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android