コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮く ウク

デジタル大辞泉の解説

う・く【浮く】

[動カ五(四)]
物が底や地面などから離れて水面や空中などに存在する。うかぶ。「からだが海面に―・く」⇔沈む
表面に現れ出る。「赤潮のため魚が大量に―・いた」「肌に脂が―・く」
しっかり固定しない状態になる。落ち着かず、ぐらつく。「柱が―・いている」「歯が―・く」「おしろいが―・く」
ある集団の中で仲間との接触が薄くなる。遊離する。「仲間から―・いた存在」
気分が晴れやかになる。うきうきする。「―・かない顔で返事をする」
模様などが下地から離れて上に出ているように見える。「牡丹(ぼたん)を―・かせた帯」
時間・経費などが予定よりも少なくてすみ、余りが出る。「費用が―・く」
心などがうわついている。
㋐確実さがなく、軽薄である。「―・いた考え」
㋑恋愛や情事に関係する。「―・いたうわさが絶えない」
根拠がない。不確実である。
「何の―・きたる事にか侍らむ」〈・少女〉
[可能]うける
[動カ下二]浮かべる。浮かばせる。
「こもりくの泊瀬(はつせ)の川に船―・けて」〈・七九〉
[用法]うく・うかぶ――「川面(かわも)に浮く(浮かぶ)白鳥」のように相通じて用いられる。◇「浮く」は、浮力などが働いて底や地面から離れて上へ移動することに表現の重点があり、「浮かぶ」は、物が底や地面から離れて水面空中に見えることに表現の重点がある。「宙に浮く」と「宙に浮かぶ」の表現しようとするものは同じではない。◇「浮く」は、「家の土台が浮く」「一人、社内で浮いている」のように、基盤・母体から離れる意にも用い、この場合「浮かぶ」を用いることはない。◇「浮かぶ」は、「名案が浮かぶ」「容疑者が浮かぶ」など、奥に潜んで見えなかったものが何かをきっかけとして表面に現れる意にも用い、この場合「浮く」では置き換えられない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うく【浮く】

( 動五[四] )
液体の中に沈んでいた物が上昇して、液面に達する。また、物が沈まないで液面に留まっている。 「魚が-・いた」 「木は水に-・く」
物が地面などから離れて上昇し、空中にある。 「体が宙に-・く」 「空に-・く雲」
内部にあった物が表面に現れる。 「脂が顔に-・く」
しっかり固定せず、ぐらぐらする。 「釘くぎが-・く」 「歯が-・く」
基盤を失って、遊離した存在となる。 「大衆から-・いた存在」
心が晴れ晴れとする。 「 - ・かない顔」 「気ガ-・ク/ヘボン」
軽薄である。ふまじめである。 「 - ・いた気持ちでは合格できない」
予定より少ない費用・時間ですみ、余りが出る。 「旅費が-・いた」
根拠がなく、事実から離れている。 「口にまかせて言ひちらすは、やがて-・きたることと聞こゆ/徒然 73」 〔動詞の「浮く」と「浮かぶ」を比べた場合、両者ともに水中・空気中にあって沈まずにいること、あるいは基盤から離れて上へ移動することだが、「浮かぶ」は、特に水面に表れて見えるようになるときに言う。物の機能を言う「石は浮かないが木は浮く」というような表現では「浮かぶ」は使えない〕
[可能] うける
( 動下二 )
水面・空中などに浮かばせる。浮かせる。 「泊瀬の川に船-・けて/万葉集 79」 「(燕ガ)尾-・けてめぐるに/竹取」
表面にあらわす。浮かべる。 「女君、涙を一目-・けて/源氏 須磨
[慣用] 宙に- ・歯が- / 熱に浮かされる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

浮くの関連キーワード千鈞も船を得れば則ち浮かぶ桟香・浅香・箭香・箋香フロートストーンマグネシウム合金浮け・浮子・泛子ホモジナイザー畝刺し・畝刺スローバッグホモジナイズ金槌の川流れ湿式融出法浮桿・浮竿提灯お化け千鳥の香炉講習バーンTzone吊るし責めユージ南漕ぐ舟のルリガイ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浮くの関連情報