コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮(か)べる/泛かべる ウカベル

1件 の用語解説(浮(か)べる/泛かべるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うか・べる【浮(か)べる/×泛かべる】

[動バ下一][文]うか・ぶ[バ下二]
浮かぶようにする。浮かばせる。「船を水に―・べる」⇔沈める
外面に表す。表面に表し出す。「喜色を満面に―・べる」「涙を―・べる」
思い起こす。意識に上らせる。「記憶に―・べる」「念頭に―・べる」
暗記する。
「古今の歌二十巻をみな―・べさせ給ふを御学問にはせさせ給へ」〈・二三〉
苦境から救う。世に出してやる。浮かばせる。
「沈める輩(ともがら)をこそ多く―・べ給ひしか」〈・明石〉
十分に心得る。熟知する。
「傍に居たる禅門、―・べたる体(てい)をなし」〈咄・醒睡笑・三〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone