コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮(か)ぶ/泛かぶ ウカブ

デジタル大辞泉の解説

うか・ぶ【浮(か)ぶ/×泛かぶ】

[動バ五(四)]
物が液体の表面や中間、または空中に存在する。浮く。「雲が―・ぶ」「ボートが湖水に―・ぶ」「太平洋に―・ぶ島」⇔沈む
物が液体の表面や空中などに、底から離れて上がる。浮く。浮かび上がる。「沈没船から油が―・ぶ」⇔沈む
心の中に上ってくる。意識に出てくる。「名案が―・ぶ」「彼のおもかげが―・ぶ」
表面に出てくる。「苦悩の表情が―・ぶ」「涙が目に―・ぶ」
物がその姿かたちを目立たせる。「霧の中に木立が黒く―・んでいる」
よくない境遇から脱する。よい方に事態が向かう。→浮かばれる
「小夜さんが其気になりゃ、小夜さんも幸福(しあわせ)だし、君も―・ぶ」〈二葉亭其面影
陽気になる。浮く。
「心配気な、―・ばない顔色をして」〈啄木・赤痢〉
死者の霊が慰められて安らかになる。成仏する。→浮かばれる
「流れ出(いづ)る涙に今日は沈むとも―・ばむ末を猶(なほ)思はなむ」〈山家集・下〉
気持ちなどが動いて定まらない。落ち着かない。うわついている。
「女の宿世は、いと―・びたるなむあはれに侍る」〈・帚木〉
10 根拠がない。いいかげんである。
「都にはいと―・びたる事ども、心のひきひき言ひしろふ」〈増鏡・三神山〉
浮く[用法]
[動バ下二]うかべる」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

浮(か)ぶ/泛かぶの関連キーワードミジンコウキクサ(微塵粉浮草)カルスキエボロータ海峡ドミトリーラプテフ海峡サンシャー(三沙)湾ノールアウストラン島セントビンセント湾マクドナルド諸島カーペンタリア湾サンニコフ海峡アイソスタシーラアスンシオンラーメスワラムストロンボリ島水生不完全菌類サマセット島ロンブロン州ピラミッド湖ゴルゴナ島チェズバ島バトゥ諸島

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android