コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮(か)ぶ/泛かぶ ウカブ

1件 の用語解説(浮(か)ぶ/泛かぶの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うか・ぶ【浮(か)ぶ/×泛かぶ】

[動バ五(四)]
物が液体の表面や中間、または空中に存在する。浮く。「雲が―・ぶ」「ボートが湖水に―・ぶ」「太平洋に―・ぶ島」⇔沈む
物が液体の表面や空中などに、底から離れて上がる。浮く。浮かび上がる。「沈没船から油が―・ぶ」⇔沈む
心の中に上ってくる。意識に出てくる。「名案が―・ぶ」「彼のおもかげが―・ぶ」
表面に出てくる。「苦悩の表情が―・ぶ」「涙が目に―・ぶ」
物がその姿かたちを目立たせる。「霧の中に木立が黒く―・んでいる」
よくない境遇から脱する。よい方に事態が向かう。→浮かばれる
「小夜さんが其気になりゃ、小夜さんも幸福(しあわせ)だし、君も―・ぶ」〈二葉亭其面影
陽気になる。浮く。
「心配気な、―・ばない顔色をして」〈啄木・赤痢〉
死者の霊が慰められて安らかになる。成仏する。→浮かばれる
「流れ出(いづ)る涙に今日は沈むとも―・ばむ末を猶(なほ)思はなむ」〈山家集・下〉
気持ちなどが動いて定まらない。落ち着かない。うわついている。
「女の宿世は、いと―・びたるなむあはれに侍る」〈・帚木〉
10 根拠がない。いいかげんである。
「都にはいと―・びたる事ども、心のひきひき言ひしろふ」〈増鏡・三神山〉
浮く[用法]
[動バ下二]うかべる」の文語形。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浮(か)ぶ/泛かぶの関連キーワード界面化学並ぶ押並ぶ尊ぶ吹飛ぶ滅ぶアントノフの規則片山の式シスコフスキの式ヤングの式(接触角)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone