コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮免 うきめん

百科事典マイペディアの解説

浮免【うきめん】

国衙(こくが)領や荘園における免田の一形態。国衙が正税に代えて寺社などに諸給付として雑役を与えた雑役免田は,一定の収穫を確保するため,面積だけを定め,下地は損(そん)田(天災により収穫が減少した田)を避けて得(とく)田から指定された。
→関連項目

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うきめん【浮免】

10世紀以降,国衙領や荘園における免田の一形態。官物(かんもつ)(年貢)や雑役(ぞうえき)が免除される下地が固定せず浮動するもの。10世紀になると国衙はそれまでの正税にかえて公民の負担する雑役を寺社等に対する諸給付にあてるようになる。この雑役を免除された旧地を雑役免田というが,その田地は当初特定地に固定しておらず,年ごとに郡郷内を移動した。その際,損田(天災により収穫が減少した田)を避けてその年々の得田が指定されるのが原則であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浮免
うきめん

10世紀以降の土地制度の一つである免田(めんでん)の一形態。浮免田ともいう。年貢、公事雑役(くじぞうやく)のうち後者が免除される雑役免田に多く、面積は一定であるがその坪付(つぼつけ)は固定せず、年によって場所が浮動する免田をいう。したがって浮免田の受給者(国衙(こくが)などにかわって、免除された分の雑役などを取得する権利を与えられた者)は国衙などを介して得分を取得した。11世紀以降坪付の固定化(定免化)が進み、雑役免田を中心とした荘園(しょうえん)が成立する。しかし、中世に入っても荘官や地頭の給田として残り、作人不定の場合も浮免ということがあった。[木村茂光]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

浮免の関連キーワード荘園(日本)国衙・国府小東荘地頭合坪荘官

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android