コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海運政策 かいうんせいさく

1件 の用語解説(海運政策の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かいうんせいさく【海運政策】

海運業というひとつの産業の成果の最適水準を達成するために,国家が自国海運業に対して行う施策をいい,その具体的内容は,国内立法に体現される。海運政策は海運市場経済に対するいわば国家の干渉(介入)であるが,この干渉のしかたには財政的に支援をする直接間接の補助と,このような財政的支援をともなわない規制との二通りがある。補助は,自国海運の育成,拡大または維持を目標として行われるあらゆる財政的支援措置を指し,建造補助,運航補助,航路補助,公的または政府保証による融資(利子補給を含む),老朽船の政府買取りなどの直接補助と,税制優遇措置,各種料金や手数料の免除または軽減などの間接補助とから成る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

海運政策の関連キーワード海運海運業第3次産業産業構造セイビン:もうひとつの秋の様相/piano solo研究成果最適移転事業新和内航海運トヨフジ海運丸三海運東興海運

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone