海運政策(読み)かいうんせいさく

世界大百科事典 第2版の解説

かいうんせいさく【海運政策】

海運業というひとつの産業の成果の最適水準を達成するために,国家が自国海運業に対して行う施策をいい,その具体的内容は,国内立法に体現される。海運政策は海運市場経済に対するいわば国家の干渉(介入)であるが,この干渉のしかたには財政的に支援をする直接間接の補助と,このような財政的支援をともなわない規制との二通りがある。補助は,自国海運の育成,拡大または維持を目標として行われるあらゆる財政的支援措置を指し,建造補助,運航補助,航路補助,公的または政府保証による融資(利子補給を含む),老朽船の政府買取りなどの直接補助と,税制優遇措置,各種料金や手数料の免除または軽減などの間接補助とから成る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android