コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海高(読み)ウミダカ

百科事典マイペディアの解説

海高【うみだか】

近世の色高(いろだか)の一つ。海付・川付の村が海川で行う漁労・採藻の収穫高を見積もって村高として定めたもので,海石(うみこく)・海上石(かいじょうこく)ともいう。徳川家康の関東入部以後に設定され,漁業権の確立を必要とした近世漁村の成立のなかで取り決められた負担であり,江戸時代中期には役永(やくえい)・運上(うんじょう)に代えられて,海川を高に結ぶことが停止された。貢租は田畑などの本高(ほんだか)と同様に検地帳に記載されて納入される場合と,村高と別にして納入される場合があった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うみだか【海高】

近世日本の色高(雑税)の一種で,海石(うみこく),海上石ともいう。江戸初期,海川付けの村が海川で行う漁猟採藻の収獲高を見積り,それを田畑同様村高に結んだもの。毎年一定の貢租が徴収された。貢租は検地帳に記し本高同様に納める場合と,検地帳に記載せず村高と別に掲げ納める場合とがあった。もっとも,海川付けの村でも海高を有する村は数が少ない。海高は徳川氏の関東入部以後の設定になり,漁業権の確立を内包する近世漁村の成立過程で誕生した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うみだか【海高】

江戸時代の税の一種。漁猟および海藻などの収穫を石高こくだかに換算し、租税として米や金銀で納めさせたもの。海石うみこく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

海高の関連情報