コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海高 ウミダカ

デジタル大辞泉の解説

うみ‐だか【海高】

江戸時代、漁業の収穫を石高(こくだか)に換算して表したもの。また、それに対して課した税。実施されたのは少数漁村であった。海石(うみこく)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

海高【うみだか】

近世の色高(いろだか)の一つ。海付・川付の村が海川で行う漁労・採藻の収穫高を見積もって村高として定めたもので,海石(うみこく)・海上石(かいじょうこく)ともいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うみだか【海高】

近世日本の色高(雑税)の一種で,海石(うみこく),海上石ともいう。江戸初期,海川付けの村が海川で行う漁猟採藻の収獲高を見積り,それを田畑同様村高に結んだもの。毎年一定の貢租が徴収された。貢租は検地帳に記し本高同様に納める場合と,検地帳に記載せず村高と別に掲げ納める場合とがあった。もっとも,海川付けの村でも海高を有する村は数が少ない。海高は徳川氏の関東入部以後の設定になり,漁業権の確立を内包する近世漁村の成立過程で誕生した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

うみだか【海高】

江戸時代の税の一種。漁猟および海藻などの収穫を石高こくだかに換算し、租税として米や金銀で納めさせたもの。海石うみこく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

海高の関連キーワード名古屋臨海高速鉄道西名古屋港線東京臨海高速鉄道りんかい線秋田県由利本荘市矢島町城内お台場・有明ぐるりきっぷオホーツク海高気圧山形県酒田市草津JR名古屋高島屋事業再生ADR日沼 倫太郎野迫川[村]小笠原高気圧高野口[町]橋本[市]湯の台温泉高石[市]畔柳 二美奥村五百子北東気流型あおなみ線畔柳二美

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海高の関連情報