済寧(読み)さいねい

百科事典マイペディアの解説

済寧【さいねい】

〈せいねい〉とも。中国,山東省南西部の都市。古名は任城。大運河東岸にある。京滬(けいこ)鉄路(北京〜上海)の支線が通じ,省西部の農産物集散地。工業は食品加工農機具が主。市の北東40kmに曲阜(きょくふ)がある。郊区を含めて178万人(2014)。

済寧【せいねい】

済寧(さいねい)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいねい【済寧 Jǐ níng】

中国,山東省南西部の都市。〈せいねい〉ともいう。人口93万(1994)。泰山山地の西,大運河の沿岸にある。中原と山東を結ぶ華北の要衝で,春秋時代には華北東部の宋,衛,魯,斉など各国のあいだの争乱中心であった。秦に対する合従連衡を説いた蘇秦が〈亢父(こうほ)の険〉と呼び,斉国防御の要地としたのもこの地である。漢代には任城県が置かれ,後漢には任城国となり,以後州郡の中心となった。済寧の名は元代の済寧路にはじまる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の済寧の言及

【済寧】より

…漢代には任城県が置かれ,後漢には任城国となり,以後州郡の中心となった。済寧の名は元代の済寧路にはじまる。元代に会通河が開かれてからは,大運河漕運の重要な拠点となった。…

※「済寧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

済寧の関連情報