コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温泉法 オンセンホウ

デジタル大辞泉の解説

おんせん‐ほう〔ヲンセンハフ〕【温泉法】

温泉を定義し、その保護や適正な利用などについて定めた法律採掘については都道府県知事許可が必要で、違反者には罰則が適用される。昭和23年(1948)施行

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

温泉法

温泉源の温度が25度以上、またはリチウムイオンなど19種類の特定成分のうちいずれか一つを一定以上含むものを温泉として定義。成分や禁忌症などを掲示するよう義務づけている。不正表示問題を受け、環境省は昨年、法律の施行規則を改正し、加水加温、循環濾過(ろか)、入浴剤などの使用の有無などの掲示も義務づけた。掲示しなかったり、偽ったりすると罰金が科せられる。

(2006-10-17 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おんせんほう【温泉法】

重要な天然資源である温泉の活用のしかたは,国民の保健・休養やレジャーのあり方に大きな影響を与えるが,他方で温泉の利用に伴う利害関係にはきわめて複雑な面がある。こうした温泉の重要性にかんがみ,温泉の保護とその利用の適正を図ることを目的として制定されたのが本法(1948公布)である。本法によれば,温泉をゆう出させる目的で土地を掘さくする場合および温泉を公共の浴用または飲用に供する場合には,知事の許可を受けなければならず,知事は,公衆衛生その他公益上の見地から一定の場合には許可を与えず,または許可を取り消すことができる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

温泉法
おんせんほう

「温泉を保護し、温泉の採取等に伴い発生する可燃性天然ガスによる災害を防止し、及び温泉の利用の適正」を図ることを目的として、1948年(昭和23)7月に制定された法律(昭和23年法律第125号)。同年8月施行。本法では、「温泉」を、25℃以上の温度または法に定める物質を有する「地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス」と定義している。
 「温泉の保護」という視点から、温泉を湧出(ゆうしゅつ)させるために土地を掘削する場合、湧出路を増掘する場合、湧出量を増加させるために動力を設置する場合には、都道府県知事の許可が必要とされる。「温泉の利用」について、温泉を公共の浴用・飲用に供しようとする場合も、都道府県知事等による許可が必要とされるほか、温泉成分等の表示についても義務づけている。
 2004年(平成16)夏に、日本各地の温泉で、着色剤の使用や水道水を沸かしたお湯の使用などが判明したこともあり、2005年2月に本法施行規則が改正され、従来の温泉成分に関する表示義務に加え、加水、加温、循環装置の利用、入浴剤の利用など浴槽内の温泉の状況についても表示を義務付けたほか、10年以内ごとの温泉成分分析も義務付けた。
 さらに、2007年6月に東京都渋谷区の温泉施設で発生した爆発事故を受けて、同年に法律が改正され、「温泉の採取等に伴い発生する可燃性天然ガスによる災害を防止」することが目的に加えられたほか、温泉源からの温泉の採取に対しても許可制度が導入された。[田中 謙]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

温泉法の関連キーワード国民保養温泉地国民保養温泉温泉(地学)泉(湧泉)モール泉造成温泉温泉療法療養泉物権鉱泉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

温泉法の関連情報