コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

温泉権 おんせんけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

温泉権
おんせんけん

温泉源を排他的に利用する権利温泉利用権,湯口 (ゆぐち) 権などとも呼ばれる。温泉権は,湧出地所有権とは別個の権利とされ,湧出地所有権とは独立して取り引きの対象とされる。判例も,温泉権を慣習法上の物権として承認している。公示方法としては,湧出地を「源泉地」として,その上の物権変動を登記したり,あるいは温泉組合または地方官庁の登録簿に登録する慣行が行なわれている。現行の温泉法 (昭和 23年法律 125号) は,もっぱら行政的取り締まりを目的としているにすぎず,取り引きを目的とした温泉権利用関係の明確化のための立法が望まれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おんせん‐けん〔ヲンセン‐〕【温泉権】

温泉源を利用する権利。湯の湧出(ゆうしゅつ)に対する権利だけでなく、湧出口から引き湯する権利も含む。温泉専用権。湯口権。源泉権。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おんせんけん【温泉権】

入浴,療養などのために,地下から湧出する温泉を利用する慣習法上の物権である。日本は火山帯に属しているので各地に温泉が湧出し,古くから,多くは村落共同体によって利用されてきた。それはもっぱら慣習にもとづいており,利用のしかたは多様である。自然湧出だけでなく,掘削も行われており,源泉を直接利用する場合もあれば,樋管などで引湯する場合もある。また,共同浴場による利用もあるし,個人利用もある。ここで慣習とは,温泉利用の事実が反復継続され,それが正当であるとして,社会的承認を得ているものをいう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おんせんけん【温泉権】

温泉源を利用する権利。湧出地で直接利用する権利のほか、引き湯して利用する権利も含む。慣習法上、湧出地の土地所有権とは別個の権利として取り扱われる。温泉専用権。源泉権。湯口権。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

温泉権
おんせんけん

温泉を利用・処分する物権類似の権利。温泉利用権、温泉専用権、湯口(ゆぐち)権、源泉権などともいう。温泉を利用する権利は、温泉がわき出る土地の所有権と切り離して、独立なものとして取り扱う慣行があり、その譲渡性が認められている。民法にも特別な規定がなく、温泉法(昭和23年法律125号)は行政監督を目的としているにすぎないから、その利用権の内容はすべて慣行によって規律されている。公示方法としては、湧出(ゆうしゅつ)地を分筆して、鉱泉地として登記したり、温泉組合、地方官庁などに備えられた登記簿に登録するなどの慣行がある。[阿部泰隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

温泉権の関連キーワード物権法定主義土地所有権明認方法

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android