コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湯浅[町] ゆあさ

2件 の用語解説(湯浅[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

湯浅[町]【ゆあさ】

和歌山県西部,有田(ありだ)郡の町。湯浅湾奥にある主集落は江戸時代以降紀勢本線開通まで港町として繁栄。かつて藩の保護を受けてしょうゆ醸造業が栄えた。ミカンサンポウカンを特産。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゆあさ【湯浅[町]】

和歌山県西部,有田郡の町。人口1万6067(1995)。有田市の南に隣接し,湯浅湾に臨む。古来,熊野街道の宿場であった。中世には湯浅荘の地頭湯浅氏の本貫地で,湯浅党は紀州の一大武士勢力であった。江戸時代には良港を擁して発展,関東漁場への出漁も盛んであった。藩の保護を受けてしょうゆ醸造業が栄え,径山寺(きんざんじ)みそとともに特産として知られた。湯浅氏の湯浅城跡が青木に,湯浅宗重が一族の守護神としてまつったという顕国(けんこく)神社が湯浅にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

湯浅[町]の関連キーワード海南有田御坊和歌山施無畏寺あらぎの里しみずしらまの里勲乃友

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone