源氏香(読み)ゲンジコウ

デジタル大辞泉の解説

げんじ‐こう〔‐カウ〕【源氏香】

組香の一。5種の香をそれぞれ5包ずつ計25包作り、任意に5包を取り出してたき、香の異同をかぎ分け、5本の縦線横線を組み合わせたで示すもの。図は52種あり、源氏物語54帖のうち、桐壺夢浮橋を除く各帖の名が付けられている。後水尾(ごみずのお)天皇の時代に考案されたという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

げんじこう【源氏香】

組香の一種。香木5種,それぞれ5炷(ちゆう)ずつ計25包を用意し,このうち5包だけ炷(た)く。5炷同香から全部異香まで52種類の組合せの可能性がある。答は5本の縦線が右から初炉,左端が5炉目を意味し,その聞(きき)(香を聞いた結果)は同香を横線で連結する図形で表示される。52の図形ができるが,香人はこの数から源氏物語54帖を連想し,各図形を初巻の〈桐壺〉と終巻の〈夢浮橋〉を除いて源氏各巻に宛てたものを源氏香之図と呼んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

げんじこう【源氏香】

組香の一。五種の香木五包ずつ、計二五包から任意の五包を取り出して炷き、香の異同を図によって答えるもの。図は五二種あり、源氏物語の巻名(桐壺と夢浮橋は除く)をあてている。 → 源氏香の図

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げんじ‐こう ‥カウ【源氏香】

〘名〙 香道の組香の一つ。五種の香を五包ずつ作り、香元がそれら二五包から任意に五包とって炷(た)き、連衆が聞き分けて、その異同を五包の香に対応した五本線の源氏香の図で表わす。志野流内十組香、御家流中古十組香の一つ。
※後法興院記‐明応一〇年(1501)二月七日「有一昨日之源氏香之勝負銚子事也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

源氏香の関連情報