コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶箱 チャバコ

4件 の用語解説(茶箱の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちゃ‐ばこ【茶箱】

葉茶を運送・貯蔵するのに用いる大形の木箱。湿気を防ぐため、内側にブリキや渋紙などをはる。
旅行や野点(のだて)などのとき、茶道具一式を入れて持ち運ぶための箱。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

茶箱【ちゃばこ】

(1)緑茶を入れる箱。長方形の木箱の内外を紙張りし,多くはさらに内側に亜鉛の薄板を張って防湿してある。(2)野外で茶をたてる時などに茶具を携行するための箱。茶碗(ちゃわん),茶杓(ちゃしゃく),茶筅(ちゃせん)筒,香合などを入れる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ちゃばこ【茶箱】

葉茶を製造元から問屋・小売店などに送るための木製の大箱。防湿のため、内外を紙ばりにして柿渋かきしぶをひいたり、内側に錫箔すずはくをはったりする。
旅持ちまたは野点のだてなどの際、茶道具を入れて持ち運ぶ箱。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茶箱
ちゃばこ

点前(てまえ)に必要な最少限度の道具一式を仕込んだ携帯用の箱。旅行の際や野点(のだて)用に考案されたもので、茶人の好みによって種類は多い。携帯用の茶具としては古くからあったと考えられ、利休(りきゅう)所持の蒟醤(きんま)茶箱が伝来している。しかし茶人の好みとしては利休形が最初である。元来茶箱には定まった点前はなかったが、裏千家11世玄々斎精中宗室によって「雪月花(せつげつか)」および「卯(う)の花点(はなだて)」の点前が考案されたことにより、裏千家に好みが多い。[筒井紘一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の茶箱の言及

【箱】より

…また箱は必要とする諸道具を簡便に一括する機能を果たしている。近世の茶人が愛好した茶箱が好例で,比較的小型の茶道具を納めて携帯に便利とし,趣好を反映して仕立てるほか,茶器や軸物をいれる保存箱も考案された。 宗教関係の箱も多様をきわめたが,経典を納める経箱,密教の灌頂(かんぢよう)の際に三昧耶戒(さんまやかい)の式文などを納める戒体箱,法会の次第・説教文などを納め脇机上におく据(すえ)箱,説相箱,念珠箱,宝珠箱,袈裟箱,三衣箱があげられる。…

※「茶箱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

茶箱の関連キーワード餌木大矩濃茶茶碗酒桶葉茶屋盤台葉茶壺丸鉋櫓物

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茶箱の関連情報