露骨(読み)ろこつ

精選版 日本国語大辞典「露骨」の解説

ろ‐こつ【露骨】

〘名〙
① 戦死して戦場にさらすこと。〔晉書‐成都王穎伝〕
② (形動) むき出しなこと。欲望など、あまりあからさまに表わすべきでないとされるものを、飾ったり隠したりしないでそのまま表わすこと。また、そのさま。
坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉八「さう露骨に云ふと、味もない事になるが」 〔文心雕龍‐檄移〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「露骨」の解説

ろ‐こつ【露骨】

[名・形動]《骨をさらす意》感情などを隠さずに、ありのまま外に表すこと。また、そのさま。むきだし。あらわ。「不機嫌を露骨に顔に出す」「露骨干渉」「露骨描写
[派生]ろこつさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android