コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あからさま アカラサマ

2件 の用語解説(あからさまの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あから‐さま

[形動][文][ナリ]
包み隠さず、明らかなさま。また、露骨なさま。「あからさまに非難する」「あからさまな敵意を示す」
物事が急に起こるさま。にわかなさま。
「嗔猪(いかりゐ)、草中より―に出でて人を逐(お)ふ」〈雄略紀〉
一時的なさま。ほんのちょっと。
「をかしげなる稚児(ちご)の、―にいだきて遊ばしうつくしむほどに」〈・一五一〉
(「あからさまにも」の形で、あとに打消しの語を伴って)かりそめにも。まったく。
「―にもあどなき事をばすまじき事なり」〈著聞集・二〇〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あからさま

( 形動 ) [文] ナリ 
隠さず、ありのまま外にあらわすさま。明白なさま。露骨なさま。 「内情を-に言えば…」 「 -な違反行為」 「 -に不満を述べる」
にわかなさま。急なさま。 「逐はるる嗔猪いかりい、草中より-に出でて人を逐ふ/日本書紀 雄略
きわめて短い時間であるさま。一時的なさま。ちょっと。 「十月つごもりがたに、-に来て見れば/更級」
(「あからさまにも」の形で、下に打ち消しの語を伴って)ほんのちょっとでも。かりそめにも。全く。 「大将の君は、二条の院にだに、-にも渡り給はず/源氏 」 〔の用法を中古中世の古辞書などで「白地」と表記したことから、後に「明ら様」の意と解釈されての意が生じた〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あからさまの関連キーワード赤裸頭隠して尻隠さず白ける披瀝打ちまける開けっ広げ打明かす打割る包隠すぶつ・ける

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

あからさまの関連情報