あからさま(読み)アカラサマ

デジタル大辞泉の解説

あから‐さま

[形動][文][ナリ]
包み隠さず、明らかなさま。また、露骨なさま。「あからさまに非難する」「あからさまな敵意を示す」
物事が急に起こるさま。にわかなさま。
「嗔猪(いかりゐ)、草中より―に出でて人を逐(お)ふ」〈雄略紀〉
一時的なさま。ほんのちょっと。
「をかしげなる稚児(ちご)の、―にいだきて遊ばしうつくしむほどに」〈・一五一〉
(「あからさまにも」の形で、あとに打消しの語を伴って)かりそめにも。まったく。
「―にもあどなき事をばすまじき事なり」〈著聞集・二〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あからさま

( 形動 ) [文] ナリ 
隠さず、ありのまま外にあらわすさま。明白なさま。露骨なさま。 「内情を-に言えば…」 「 -な違反行為」 「 -に不満を述べる」
にわかなさま。急なさま。 「逐はるる嗔猪いかりい、草中より-に出でて人を逐ふ/日本書紀 雄略
きわめて短い時間であるさま。一時的なさま。ちょっと。 「十月つごもりがたに、-に来て見れば/更級」
(「あからさまにも」の形で、下に打ち消しの語を伴って)ほんのちょっとでも。かりそめにも。全く。 「大将の君は、二条の院にだに、-にも渡り給はず/源氏 」 〔
の用法を中古中世の古辞書などで「白地」と表記したことから、後に「明ら様」の意と解釈されて
の意が生じた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あから‐さま

〘形動〙
[一]
① 物事の急に起こるさま。卒爾(そつじ)。にわか。たちまち。あからしま。あかさま。あかしま。
※書紀(720)雄略五年二月(前田本訓)「俄にして、逐はれたる嗔猪(いかりゐ)草の中より暴(アカラサマ)(〈別訓〉ニハカニ)出でて人を逐ふ」
※栄花(1028‐92頃)衣の珠「『昔恋しければ、見奉らむ。渡し給へ』とあからさまにありければ」
② 一時的であるさま。ついちょっと。かりそめ。「あからさまにも」の下に打消の語を伴って、「かりそめにも…しない。全く…しない」の意となることもある。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「あからさまの御ともにもはづし給はず」
※方丈記(1212)「おほかた、この所に住みはじめし時は、あからさまと思ひしかども」
[二] (明様) ありのままで、あらわなさま。明白なさま。
※浮世草子・好色一代男(1682)一「亭(ちん)の遠眼鏡を取持て、かの女を偸間(アカラサマ)に見やりて」
[語誌](1)「あから」は元来「物事の急におこるさま」「物事のはげしいさま」を表わすが、次第に「にわか・急」「ついちょっと・かりそめ」などの意に転じていった。しかし、「にわか・急」の意には「すみやか」「にはか」「たちまち」などの語が用いられるため、「あからさま」は「ついちょっと・かりそめ」の意に固定していったと考えられる。
(2)時代が下ってから(二)の用法が出て来るが、これは「明から様」と意識したことによると考えられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あからさまの関連情報