コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あからさま アカラサマ

デジタル大辞泉の解説

あから‐さま

[形動][文][ナリ]
包み隠さず、明らかなさま。また、露骨なさま。「あからさまに非難する」「あからさまな敵意を示す」
物事が急に起こるさま。にわかなさま。
「嗔猪(いかりゐ)、草中より―に出でて人を逐(お)ふ」〈雄略紀〉
一時的なさま。ほんのちょっと。
「をかしげなる稚児(ちご)の、―にいだきて遊ばしうつくしむほどに」〈・一五一〉
(「あからさまにも」の形で、あとに打消しの語を伴って)かりそめにも。まったく。
「―にもあどなき事をばすまじき事なり」〈著聞集・二〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あからさま

( 形動 ) [文] ナリ 
隠さず、ありのまま外にあらわすさま。明白なさま。露骨なさま。 「内情を-に言えば…」 「 -な違反行為」 「 -に不満を述べる」
にわかなさま。急なさま。 「逐はるる嗔猪いかりい、草中より-に出でて人を逐ふ/日本書紀 雄略
きわめて短い時間であるさま。一時的なさま。ちょっと。 「十月つごもりがたに、-に来て見れば/更級」
(「あからさまにも」の形で、下に打ち消しの語を伴って)ほんのちょっとでも。かりそめにも。全く。 「大将の君は、二条の院にだに、-にも渡り給はず/源氏 」 〔
の用法を中古中世の古辞書などで「白地」と表記したことから、後に「明ら様」の意と解釈されて
の意が生じた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

あからさまの関連キーワードベリマン(John Berryman)アダムス‐ウィリアムソンの公式ウラジミル ポメランツェフ縛られたプロメテウスビケフレイベルガブルーフィルム罷づ・罷出づ牙を鳴らす国民の創生フレネミー永らへ果つトラヤヌス栄光なんぞ鏡花水月法いささめに差し付けて乳母・傅間接自慢代償行動ピープス

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あからさまの関連情報