コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

篆隷万象名義 てんれいばんしょうめいぎ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

篆隷万象名義
てんれいばんしょうめいぎ

空海の撰。全 30巻。部首引きの字典天長7 (830) 年以後の成立とみられ,日本における現存最古辞書。約1万 6000の漢字を 541部に分け,各漢字ごとに篆書隷書 (楷書) の形をあげ,字音 (反切による) と意味の注記を付す。その大綱原本『玉編』に準拠しているとみられるので,その原形復元の資料として,また漢字音研究の資料としても重要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てんれいばんしょうめいぎ〔テンレイバンシヤウメイギ〕【篆隷万象名義】

日本に現存する最古の漢字字書。6帖30巻。空海撰。天長7年(830)以降成立。約1万6000字の漢字を542部に分類し、字音を表す反切と漢字注を施したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

てんれいばんしょうめいぎ【篆隷万象名義】

空海編の漢字字書。830年(天長7)以降,数年の間に成立か。30巻6帖より成る。1114年(永久2)書写高山寺本が唯一の伝本で,他はこの本の系統を引くものばかりである。1万6000字ほどの漢字を541の部首に配列したものである。〈篆隷〉とあるように,最初に大きく篆書を挙げ,その後に隷書(楷書)を示すのが原型と考えられるが,現存の本には篆書を欠く部分が多い。漢字ごとに反切音(はんせつおん)と字義を説明する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

てんれいばんしょうめいぎ【篆隷万象名義】

平安初期の字書。空海著。六帖三〇巻。九世紀前半の成立。中国の字書「玉篇」を抜粋したもの。約一万六千字を部首によって五四二部に分け、音注・意義を漢字で付す。見出しに篆書と隷書を掲げる。現存最古の漢字字書。五・六帖は空海とは別人の手によると考えられている。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

篆隷万象名義
てんれいばんしょうめいぎ

平安時代の漢字字書。6帖(じょう)。空海撰(せん)。約1万6000の漢字を542の部首に分け、各字の見出しを篆・隷(楷書(かいしょ))の二体で示し、字音と釈義を漢文で示したもの。当時漢籍の訓詁(くんこ)に広く利用された『玉篇(ぎょくへん)』30巻(中国梁(りょう)代の顧野王(こやおう)撰の字書)を抄録したもので、『玉篇』にある用例・考証を省き、釈義を簡略にしてある。わが国現存最古の辞書で、京都の高山寺に1114年(永久2)の写本(国宝)があるが、空海撰は4帖までで、5、6帖は後人の撰といわれる。[宮澤俊雅]
『高山寺典籍文書綜合調査団編『高山寺古辞書資料第一』(『高山寺資料叢書6』1977・東京大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の篆隷万象名義の言及

【玉篇】より

…したがって《大広益会玉篇》に至るこの字書の増補は,むしろ解説の詳しさを捨てて収容字数を増すという方向で行われたのだといえる。空海の《篆隷(てんれい)万象名義》は《原本玉篇》を藍本としてその簡略本を作ろうとしていたと見え,それが引用した反切によって《原本玉篇》の字音体系を探ろうとする研究もある。早く《切韻》系統の韻書と並べ〈篇・韻〉などと呼ばれるほどよく利用されたが,反切の構成に《切韻》などとはちがった点が多い。…

【辞書】より

…8世紀(奈良時代)の成立という《楊氏漢語抄》《弁色立成》なども逸文が知られている。日本で編述した現存最古の辞書は空海の《篆隷万象名義(てんれいばんしようめいぎ)》30巻で,830年(天長7)以後の成立である。これは《玉篇》にもとづいて要約し,一部に篆書を併記してあるもので,漢字の字形から音や意味を引く辞書だが,漢文の注記だけで,和訓はない。…

※「篆隷万象名義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

篆隷万象名義の関連キーワード高山寺境内類聚名義抄漢和辞典辞典玉篇

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android