コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴国 なのくに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奴国
なのくに

魏志倭人伝』にみえる国名。「なこく」「ぬこく」とも読む。倭人伝では朝鮮から邪馬台国への行程が示され,対馬,壱岐の島を経て北九州へ上陸したところが「末盧国」 (のちの筑前国松浦郡) ,次が「伊都国」 (同怡土郡にあたる) ,次が「奴国」である。『日本書紀』仲哀天皇8年の条には「儺県 (なのあがた) 」,宣化天皇1年の条には「那津 (なのつ) 」がみえ,現在の福岡県博多地方と推定される。さらに倭人伝では,ここには二万余戸の家があり,「シマコ」「ヒナモリ」と称する官があったことが記されている。後漢の光武帝が 57年に倭王に授けた「漢委奴国王 (かんのわのなのこくおう) 」の印文のある金印が博多湾志賀島から発見されている。ただこの金印についてはかなり疑問がもたれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

奴国【なこく】

魏志倭人(ぎしわじん)伝》にみえる国。倭国のうちの1国で,2万余戸があったとみえる。《日本書紀》に記される儺県(なのあがた)とされ,福岡市付近に比定。57年に奴国王が後漢(ごかん)に朝貢し,光武(こうぶ)帝から受けた〈漢委奴国王印(かんのわのなのこくおういん)〉が現存。
→関連項目投馬国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

なこく【奴国】

3世紀の倭国の中の一国の名。《魏志倭人伝》にみえる。同書には,伊都(いと)国につづいて〈東南,奴国に至る百里。官を兕馬觚(しまこ)と曰い,副を卑奴母離(ひなもり)と曰う。二万余戸有り〉とみえる。奴国は後の儺県(なのあがた)(福岡市博多区)の地。《後漢書》倭伝にも〈建武中元二年,倭の奴国,奉貢朝賀す。……光武賜うに印綬を以てす〉とみえ,57年(建武中元2)に後漢に朝貢したことが知られる。光武帝の賜った印が〈漢委奴国王〉の金印で現存。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

なこく【奴国】

なのくに【奴国】

弥生中・後期、福岡県博多地方にあった小国。「後漢書東夷伝」倭の条に、紀元57年に倭の奴国が朝貢し光武帝から印綬を授けられたことがみえ、福岡県志賀島で発見された「漢委奴国王」の金印がこれにあたると推定されている。また「三国志魏書・東夷伝」倭の条に、邪馬台国支配下の一国として奴国がみえる。「日本書紀仲哀」の儺県なのあがた(福岡市博多区)に相当するものと思われる。なこく。わのなのくに。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奴国の関連情報