コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奴国 なのくに

7件 の用語解説(奴国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奴国
なのくに

魏志倭人伝』にみえる国名。「なこく」「ぬこく」とも読む。倭人伝では朝鮮から邪馬台国への行程が示され,対馬,壱岐の島を経て北九州へ上陸したところが「末盧国」 (のちの筑前国松浦郡) ,次が「伊都国」 (同怡土郡にあたる) ,次が「奴国」である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

な‐こく【奴国】

弥生時代、現在の福岡市付近にあった小国名。「後漢書」東夷伝に、朝貢した奴国が印綬を賜った記事がある。なのくに。わのなこく。→漢倭奴国王印(かんのわのなのこくおうのいん)

な‐の‐くに【奴国】

なこく(奴国)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

奴国【なこく】

魏志倭人(ぎしわじん)伝》にみえる国。倭国のうちの1国で,2万余戸があったとみえる。《日本書紀》に記される儺県(なのあがた)とされ,福岡市付近に比定。57年に奴国王が後漢(ごかん)に朝貢し,光武(こうぶ)帝から受けた〈漢委奴国王印(かんのわのなのこくおういん)〉が現存。
→関連項目投馬国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

なこく【奴国】

3世紀の倭国の中の一国の名。《魏志倭人伝》にみえる。同書には,伊都(いと)国につづいて〈東南,奴国に至る百里。官を兕馬觚(しまこ)と曰い,副を卑奴母離(ひなもり)と曰う。二万余戸有り〉とみえる。奴国は後の儺県(なのあがた)(福岡市博多区)の地。《後漢書》倭伝にも〈建武中元二年,倭の奴国,奉貢朝賀す。……光武賜うに印綬を以てす〉とみえ,57年(建武中元2)に後漢に朝貢したことが知られる。光武帝の賜った印が〈漢委奴国王〉の金印で現存。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

なこく【奴国】

なのくに【奴国】

弥生中・後期、福岡県博多地方にあった小国。「後漢書東夷伝」倭の条に、紀元57年に倭の奴国が朝貢し光武帝から印綬を授けられたことがみえ、福岡県志賀島で発見された「漢委奴国王」の金印がこれにあたると推定されている。また「三国志魏書・東夷伝」倭の条に、邪馬台国支配下の一国として奴国がみえる。「日本書紀仲哀」の儺県なのあがた(福岡市博多区)に相当するものと思われる。なこく。わのなのくに。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

奴国の関連キーワード生中継弥生和紙青森県弘前市弥生弥生平東京都文京区弥生石川県金沢市弥生京都府京都市中京区壬生中川町大阪府貝塚市麻生中弥生町中山貝塚原生中心柱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奴国の関連情報