コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濁度 だくど turbidity

翻訳|turbidity

5件 の用語解説(濁度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

濁度
だくど
turbidity

水の濁りの程度を示すもので,蒸留水1l中に,白陶土 1mgを含む場合の濁りの度合いを1度 (または 1ppm) とする。水の濁りは土砂や,その他浮遊物の混入,溶存物質の化学的変化,あるいは浄化方法の不適当などによる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だく‐ど【濁度】

水の濁りの程度を示す基準。ポリスチレン混合粒子の濁液などを標準として測定する。単位は、度。透視比濁法(濁度標準と目視で比較)、透過光測定法、散乱光測定法などの測定方法がある。水道水の水質基準値は2度以下。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

濁度

 濁り度ともいう.液体の濁りの程度を示す尺度.水1lカオリン1mgを含む場合の濁りを1度として表す.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

だくど【濁度 turbidity】

水の濁りを定量的に表したもの。水に濁りを与える成分の起源としては,地表の粘土性物質,土壌粒子,粒子状の有機性物質,プランクトンやその他微生物都市下水産業排水浮遊物質,水域の底質から浮上してくる物質などがある。これらの濁度成分は,きわめて微細なコロイド物質から比較的大きな粒子まで広範囲の分布をしており,定量に当たっては透視比濁法によるか光学的測定法を利用している。濁度の測定には,標準濁度物質としてカオリン(白陶土)かホルマジン高分子が使用され,カオリン1mgを蒸留水1lに含む場合の濁りを1度(1゜)と定義している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だくど【濁度】

土砂や微生物・溶解物質など、水の濁りの程度を表す指標。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の濁度の言及

【水汚染】より


【水汚染の指標】
 汚染指標は水環境の状態をあらわすとともに,発生源と影響とを関係づける役割をもつ。測定技術上の制約または簡便さのため,代用指標,間接指標や潜在汚濁度なども用いられる。指標値は特別の場合を除いてppm(mg/l),ppb(μg/l)などの濃度で表示される。…

※「濁度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

濁度の関連キーワード細濁り・小濁り濁り濁り江濁り点濁り水五つの濁り上濁り小濁り濁りに染む濁り酒/おり酒

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

濁度の関連情報