コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瀬峰[町] せみね

2件 の用語解説(瀬峰[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

瀬峰[町]【せみね】

宮城県北部,栗原郡の旧町。東北本線が通じ,バス交通の要地でもある。農業を基幹産業とし,米を中心として,葉タバコ,蔬菜などを産する。酪農も行う。2005年4月栗原郡築館町,若柳町,栗駒町,高清水町,一迫町,鶯沢町,金成町,志波姫町,花山村と合併し市制,栗原市となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せみね【瀬峰[町]】

宮城県北部,栗原郡の町。人口5738(1995)。迫(はさま)丘陵の南端にあり,大崎平野の一角を占める。1890年東北本線に瀬峰駅が開設され,大正年間には瀬峰~登米(とよま)間,瀬峰~築館間に仙北鉄道が開通(現在はいずれも廃線)して,栗原・登米(とめ)両郡の交通の中心地となり,農産物の集散地として発展した。米作中心の農業が主産業で,町中央を流れる小山田川沿いに水田が広がる。南部の四ッ壇原は第2次大戦後開拓され,原野から水田にかわった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone