コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火床 カショウ

デジタル大辞泉の解説

か‐しょう〔クワシヤウ〕【火床】

ボイラーの燃料をたく所。

ひ‐どこ【火床】

ボイラーの燃料をたく所。格子状で、燃え殻を下に落とす。
箱の中に土を塗り固めて作った火入れ

ほ‐ど【火床】

いろりの中央にある火をたくくぼんだ所。
鍛造用の簡単な

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かしょう【火床】

ボイラーの燃料の燃える所。

ひどこ【火床】

ボイラー・かまなどの燃料を燃す所。格子になっていて、燃え殻を下に落とす。
箱の中に土を塗ってつくった炉。また、船中でそれを設けた所。

ほど【火床】

囲炉裏の中心の火をたく所。
炉の燃焼室の床。
金属鍛冶用の簡単な炉。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

ひどこ【火床】

➀箱の中に土を塗り固めたかまど
➁店先や屋台などで焼き鳥などを焼くのに用いる、ステンレスなどの金属製の箱の中に熱源を組み込んだ調理機器。また、焼き鳥屋・うなぎ屋・和食店などで焼き鳥・蒲焼き・焼き魚などの焼き物を焼く機械の、同様の形態の熱源部分。熱源は炭火・ガスなど。

出典|講談社食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

火床の関連キーワードダイオキシン類対策特別措置法ストーカー(給炭機)キャンプファイアバーベキュー栗栖野瓦窯跡サウナ風呂直接製鉄法サモワール蒸気機関車大文字の火ヤーガン族ボイラー燃焼装置大石遺跡大文字山ハンマー燃焼室囲炉裏発火法いろり

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火床の関連情報