コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

炭酸リチウム タンサンリチウム

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

炭酸リチウム
たんさんりちうむ
lithium carbonate

そう病およびそううつ病のそう状態の改善のために精神科領域で用いられる薬剤。うつ病やうつ状態に用いられる薬は数多くあるが、そう状態に有効な薬剤は数少ない。とくに適応がそう病、そう状態に限定されて用いられているのは本剤のみである。腸溶錠(100ミリグラム、200ミリグラム含有)が市販されている。1日400~600ミリグラムから投与を始め、1日2~3回に分けて服用する。以後増量し、改善がみられたら1日200~800ミリグラムを維持量とする。過量投与で中毒をおこすので、血清リチウム濃度を測定しながら投与量を定める。過量投与で吐き気、嘔吐(おうと)、下痢、食欲不振、運動障害、傾眠、発熱、発汗、錯乱などの副作用がみられる。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の炭酸リチウムの言及

【炭酸】より

…遷移金属の塩は多く着色しているが,それ以外の塩はすべて無色である。アルカリ金属の塩は一般に水によく溶けるが,リチウム塩の炭酸リチウムLi2CO3のみは例外で,比較的難溶であり,しかも温度上昇とともに溶解度が減少する。また炭酸タリウムTl2CO3もわずかに溶けるが,それ以外の炭酸塩はすべて水に難溶である。…

※「炭酸リチウム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

炭酸リチウムの関連キーワードロキソプロフェンナトリウム溶融炭酸塩形燃料電池向精神薬のいろいろ水酸化リチウムうわぐすり催奇形物質向精神薬薬物療法溶解度

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android