コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ホウ

3件 の用語解説(烽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ほう【烽】[漢字項目]

[音]ホウ(漢) [訓]のろし とぶひ
のろし。「烽煙烽火/燧烽(すいほう)」
[難読]烽火(のろし)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ほう【烽】

律令制で、変事の急報のために設けた設備。また、その合図の煙や火。約20キロメートルごとに設置し、烽長と烽子を置いた。799年、大宰府管内を除いて廃止。とぶひ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


とぶひ

古代、外敵の侵入などの事態を急報するための「のろし」をあげる設備。烽(ふう)、烽火(ほうか)、烽燧(ほうすい)ともいう。中国の制に倣ったもの。『日本書紀』継体(けいたい)天皇8年3月条に、伴跛(はひ)国(任那(みまな))が烽候邸閣(とぶひうかみのや)を置いて日本の侵入に備えたという。日本では、天智(てんじ)天皇3年(664)是歳(ことし)条に、対馬(つしま)、壱岐(いき)両島、筑紫(つくし)国などに防人(さきもり)と烽とを置き、また筑紫に大堤を築いて水を蓄えて水城(みずき)としたとある。796年(延暦15)男山(山城(やましろ)国)の烽が有名無実となっていたため山城・河内(かわち)両国境辺に烽を置かせた。烽は原則として40里(約21キロメートル)ごとに置かれ、長2人、烽子4人が交代勤務した。燃やす火炬(かこ)(松明(たいまつ))は、葦(あし)で芯(しん)をつくり、草でくくり、その周りに松明を差し込む。昼は煙を放ち、夜は火を放つ。鎌倉時代元寇(げんこう)の際にも、幕府は壱岐、大島、筑前(ちくぜん)の間に烽を設けて備えた。[田名網宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【灯台】より

…これは高さ約60m(一説では110m)の石積塔で,塔の頂部の台で枯草や木に樹脂を混ぜたものを毎夜燃やしたという。 日本では7世紀半ばに壱岐,対馬,筑紫に防人(さきもり)を配し,煙や火によって外敵の侵入を知らせるための施設である烽(とぶひ)を設けたのが始まりといわれ,その位置が遣唐使船の目標に便利だったので,昼は煙をあげ夜は篝火(かがりび)を焚いて目印とした。中世には船舶航行はかなり盛んであり,たいまつなどを燃やして航行の目印とすることは各地で行われたと思われる。…

【のろし(狼煙)】より

…今日でもウェールズのブレコン・ビーコンズBrecon Beacons(グウェント州),エクスムアのダンケリー・ビーコンDunkery Beacon(サマセット州)など,ビーコンの語がついた地名がイギリス各地に残っている。 〈のろし〉の字は,中国では杜甫の〈春望〉によって知られる〈烽火〉のほか,〈烽煙〉〈烽燧〉(後述)などと書かれたが,〈狼煙〉と書かれるのは遅くとも唐代になってであった。それは李商隠などの唐詩に散見される。…

※「烽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

烽の関連キーワード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

烽の関連情報