碧南市(読み)へきなん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「碧南市」の解説

碧南〔市〕
へきなん

愛知県南西部,矢作 (やはぎ) 川の河口右岸にある市。 1948年大浜新川棚尾の3町と旭村が合体して市制。 55年明治村の一部を編入。大浜,棚尾は室町時代からの港町。江戸時代には江戸への廻船基地として,三州瓦,酒,味醂などを積出した。瓦製造は碧海台地の粘土を利用したもので,現在は伝統の黒瓦より赤瓦,釉薬瓦が多く生産される。農業は兼業化が目立つが,ビニルハウス温室を使った野菜,花卉の栽培が行われる。 57年衣浦港が重要港湾に指定されて,ステンレス工場や,コーンスターチ製糖飼料などの食品コンビナート,木材センター,自動車専用埠頭などが立地して工業港湾となった。衣浦海底トンネルが対岸の半田市と連絡し,77年には衣浦臨港鉄道港線も開通。名古屋鉄道三河線,国道 247号線が通る。藤棚で知られる広藤園,妙福寺の志貴毘沙門天,衣浦温泉がある。面積 36.68km2。人口 7万1346(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android