コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

片男波 かたおなみ

3件 の用語解説(片男波の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

片男波
かたおなみ

和歌山県北西部,和歌浦湾に突出する砂嘴。長さ 2.5km。和歌山市に属する。内側の潟湖は紀ノ川の古い分流和歌川の河口にあたる入江で,和歌浦呼ばれる古くからの名所。地名は『万葉集』の「和歌の浦に潮満ちくればかたをなみ…」に由来。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かた‐おなみ〔‐をなみ〕【片男波】

《「万葉集」九一九の山部赤人の歌「和歌の浦に潮満ち来れば潟(かた)を無み葦辺(あしべ)をさして鶴(たづ)鳴き渡る」の「潟を無み」をもじった語》打ち寄せる波のうちの高い波。おなみ。
「寄せては帰る―」〈謡・松風

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かたおなみ【片男波】

〔山部赤人の歌「和歌の浦に潮満ち来れば潟を無み葦辺をさして鶴たず鳴き渡る」の「かたをなみ」を「片男波」にこじつけてできた語〕
高い波。男波おなみ。 「寄せては帰る-/謡曲・松風」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の片男波の言及

【和歌浦】より

…和歌山市の南部,和歌川河口一帯の海辺で,古くより景勝の地として著名。河口には砂嘴(さし)の片男波(かたおなみ)が長く延び,かつては海中の島であった玉津島には和歌の神として信仰された玉津島神社が鎮座する。724年(神亀1)聖武天皇が行幸,風光を賞して名を〈明光浦〉と改め,玉津島神をまつった(《続日本紀》)。…

※「片男波」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

片男波の関連キーワード和歌浦浅香の浦歌聖玉津島玉裳二聖船乗り和歌三神沖辺万葉の和歌鶴

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

片男波の関連情報