コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妹背山 いもせやま

4件 の用語解説(妹背山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妹背山
いもせやま

奈良県中部,吉野町上市の東方にある妹山 (260m) と背山 (272m) の総称。吉野川をはさんで相対する孤立丘陵で,北岸の妹山は全山天然記念物のツルマンリョウなど暖地性植物におおわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

妹背山
いもせやま

和歌山県北東部,紀ノ川中流沿岸にある二つの丘の総称。南岸の丘を妹山(124m),北岸の丘を背山(兄山,168m)といい,ともにかつらぎ町に属する。川に沿って旧南海道(現国道24号線)が通り,古くから旅人に親しまれ,歌枕として『万葉集』『古今和歌集』などにうたわれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いもせ‐やま【妹背山】

和歌山県北部、かつらぎ町を流れる紀ノ川の北岸の背山と南岸の妹山。鉢伏(はちぶせ)山と長者屋敷のこと。[歌枕]
「後れ居て恋ひつつあらずは紀伊国の妹背の山にあらましものを」〈・五四四〉
奈良県中部、吉野町の吉野川を隔てて向かい合う南岸の背山と北岸の妹山。
[補説]川を挟んで相対する山の併称で、他にも各地にある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いもせやま【妹背山】

川などを隔てて向かい合う二つの山を夫婦・兄妹になぞらえて呼ぶ語。奈良県吉野川北岸の妹山と南岸の背山、和歌山県紀川北岸の背山と南岸の妹山は歌枕として知られる。 「流れては妹背の山のなかにおつる吉野の河のよしや世中/古今 恋五

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

妹背山の関連キーワード敷地浅み湖頭深場絹なす静岡の茶摘唄ナカちゃん京都府京都市右京区京北下弓削町川ナ辺京都府京都市右京区京北田貫町川ナベ多摩川ナシ

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

妹背山の関連情報