物を言う(読み)ものをいう

精選版 日本国語大辞典「物を言う」の解説

もの【物】 を 言(い)

① ことばを発する。→ものいう(物言)
(イ) 口に出して何かしゃべる。話をする。口をきく。
※新古今(1205)恋三・一一八八・詞書「女のもとに、物をだにいはんとてまかれりけるに」
(ロ) ことばをかわして親しくする。ねんごろにする。
源氏(1001‐14頃)真木柱「いかなる心にて、かやうの人に、物をいひけん」
(ハ) うるさく文句をいう。不平をいう。小言をいう。
蜻蛉(974頃)中「かかるところにては、物などいふ人もあらじかしと思へどん」
(ニ) 挨拶(あいさつ)をする。声をかける。
読本・春雨物語(1808)樊噲下「恐しくなりて、物もいはで出ぬ」
効力を発揮する。役に立つ。→ものいう(物言)
※入れ札(1921)〈菊池寛〉「此麽時(こんなとき)に一番物を云ふのは、腕っ節だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「物を言う」の解説

もの・う

言葉を発する。話をする。「は口ほどに―・う」
効果を発揮する。効き目がある。「最後は実力が―・う」
[類語]効果き目しるし成果こう実効効験効能効力効用甲斐かい遣り甲斐生き甲斐霊験作用有効特効薬効奏効即効速効発効効く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android