コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利く/効く キク

1件 の用語解説(利く/効くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き・く【利く/効く】

[動カ五(四)]
効果や働きなどが現れる。期待どおりのよい結果が実現する。効き目がある。「てきめんに―・く薬」「宣伝が―・いて大評判だ」「腹部へのパンチが―・く」
本来の機能を十分に発揮する。機敏に、また、さかんに活動する。「鼻が―・く」「麻痺(まひ)して手足が―・かない」
それをすることが可能である。できる。「洗濯の―・く生地」「無理の―・かないからだ」「学割が―・く」
(多く「口を利く」の形で)
㋐言葉を発する。物を言う。「生意気な口を―・く」「口も―・かない仲」
㋑間に入って、うまくいくように世話をしてやる。まとまるように話をつける。「取引先に口を―・いてやる」
技能がすぐれている。腕が立つ。
[補説]ふつう、1は「効く」、23は「利く」と書く。
[下接句]大きな口を利く押さえが利く押しが利く顔が利く気が利く小口を利く潰(つぶ)しがきく睨(にら)みが利く鼻が利く幅が利く目が利く目先が利く目端(めはし)が利く山葵(わさび)が利く
「日頃―・いたる口三味線、太鼓持ちとなれり」〈浮・永代蔵・五〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

利く/効くの関連キーワード息急く渦巻く羽撃く傷付くきょろつ・く強つくしば・くにこつ・くぱらつ・く焼付く

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone