コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

利く/効く キク

デジタル大辞泉の解説

き・く【利く/効く】

[動カ五(四)]
効果や働きなどが現れる。期待どおりのよい結果が実現する。効き目がある。「てきめんに―・く薬」「宣伝が―・いて大評判だ」「腹部へのパンチが―・く」
本来の機能を十分に発揮する。機敏に、また、さかんに活動する。「鼻が―・く」「麻痺(まひ)して手足が―・かない」
それをすることが可能である。できる。「洗濯の―・く生地」「無理の―・かないからだ」「学割が―・く」
(多く「口を利く」の形で)
㋐言葉を発する。物を言う。「生意気な口を―・く」「口も―・かない仲」
㋑間に入って、うまくいくように世話をしてやる。まとまるように話をつける。「取引先に口を―・いてやる」
技能がすぐれている。腕が立つ。
「日頃―・いたる口三味線、太鼓持ちとなれり」〈浮・永代蔵・五〉
[補説]ふつう、1は「効く」、23は「利く」と書く。
[下接句]大きな口を利く押さえが利く押しが利く顔が利く気が利く小口を利く潰(つぶ)しがきく睨(にら)みが利く鼻が利く幅が利く目が利く目先が利く目端(めはし)が利く山葵(わさび)が利く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

利く/効くの関連キーワードターレットトラック鑿と言えば槌あぁ~しらき利く・効く小手が利く機転・気転臭気判定士目先・目前生え抜く押し回し熱を吹く口三味線気が通る羽が利く使い回し小賢しい乾燥野菜小手先ミント着回し

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android