コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

特殊部落 とくしゅぶらく

世界大百科事典 第2版の解説

とくしゅぶらく【特殊部落】

明治後期から今日まで,被差別部落とその出身者に対して用いられてきた差別呼称。被差別部落問題への無理解と深刻な部落差別意識を根底に潜めた差別語であり,適用が避けられるべきであるが,近代における部落問題の歴史と部落差別意識を解明するうえできわめて重要な言葉である。この言葉は,1907年の政府の全国部落調査の際に用いられたように,日露戦争後の部落改善政策の中で行政機関が使い,新聞記事などによって民衆の間にも広まったが,主として被差別部落の起源を異民族に求め,部落の人々の祖先を古代の朝鮮半島からの〈渡来人〉や律令国家の征服した〈蝦夷(えぞ)〉などとする誤った歴史認識にもとづくものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

特殊部落の関連キーワード全国水平社/綱領・宣言・決議士・農工商・穢多非人部落地名総鑑問題菊池 山哉高橋 貞樹駒井 喜作高橋貞樹喜田貞吉岡本 弥佐野学岡本弥賤民

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android