コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犬居 いぬい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

犬居
いぬい

静岡県西部,浜松市北東部の旧町域。 1956年熊切村と合体して春野町となり,2005年浜松市に編入。 2007年政令指定都市化に伴い天竜区の一部となった。地頭天野氏が犬居城 (乾城) を築き栄えたが,天正4 (1576) 年徳川家康に攻略された。その城址は気田川の西岸にある。良質の茶を産する。西端に火伏せの神をまつる秋葉神社がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いぬ‐い〔‐ゐ〕【犬居】

犬が座っている姿勢。人がしりもちをついた姿や、両手を地面について座り込んでいるようすをいう。
「童が腹巻きの引き合はせをあなたへつっと射ぬかれて、―に倒れぬ」〈平家・一一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いぬい【犬居】

犬が前足を立てて座っているような、尻もちをついた姿の形容。 「 -にどうと打ちすゑられ/太平記 17

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

犬居
いぬい

静岡県浜松市天竜区春野(はるの)町地域南部の一地区。旧犬居町。気田(けた)川と不動川の合流点付近で、信州街道に沿う山村。中世、天野氏が犬居城を築き、この山中を領したため犬居山中(やまなか)とよんだ。宝塚歌劇団育ての親といわれる白井鉄造は犬居の出身で、記念館がつくられている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

犬居の関連キーワード三方ヶ原の戦い春野(静岡県)片山 国嘉上島鬼貫白井鐵造太平記秋葉山鬼貫

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android