犬島(読み)いぬじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

犬島
いぬじま

岡山市に属する瀬戸内海の小さな島。石材採掘が盛んで,犬島石 (花崗岩) あるいは犬島御影は有名。東京ガスなど大都市のガスの付臭剤を生産する工場がある。南岸は海水浴場に適し,釣場もある。周辺海域では 1965年頃以降ノリの養殖が盛んに行われる。宝伝 (ほうでん) から犬島への航路がある。面積 0.54km2。人口 101 (1996) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

犬島の関連情報