コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狩り かり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狩り
かり

鳥やうさぎその他の小動物を対象とする個人猟と,いのしし,しか,かもしか,くまなどを対象とする共同猟とに分けられる。個人猟としては,木の枝に鳥もちをつけて小鳥をいざなう方法や,網で鳥をとる方法 (柄のついた網で沼池の水鳥を捕える逆〈さか〉どり,無双網など) ,落し,オス (材木を重ね石を置いて獣をとる) などの方法が行われた。共同猟では大勢の勢子 (せこ) を使って獲物を追出してとる巻狩が代表的で,東北地方のまたぎりもそれであった。狩りは古く豊饒の儀礼と結びついていたらしく,長野県諏訪大社の御射山神事 (みさやましんじ) はその跡をとどめている。近世には,農閑期にくまの皮や胆をとるための狩りや,耕地を猪害から守るための共同猟,武士のスポーツとしての鷹狩などがあった。 (→ハンティング )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

狩り

オーストリアの作曲家ヨハン・シュトラウス2世の管弦楽によるポルカ(1875)。原題《Auf der Jagd》。自作のオペレッタの一部を元に作曲された。

狩り

オーストリアの作曲家W・A・モーツァルトの弦楽四重奏曲第17番K458(1784)。原題《Jagd》。『ハイドン四重奏曲』全6曲中の第4曲。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の狩りの言及

【狩猟】より

…日本語で〈かり(狩り)〉というのは本来はいまより狭義に,特定の野獣のみに対して用いたらしく,《狩詞記(かりことばのき)》(多賀高忠著,1464年(寛正5)刊)には鹿に限って用いている。現代の南西諸島では猪を捕らえることだけを〈カリ〉と呼んでいるのが,中世的用語のなごりらしい。…

※「狩り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

狩りの関連キーワードグラン・アングロ・フランセ・ブラン・エ・ノワールイストリアン・スムースコーテッド・ハウンドアルペンレンディシェ・ダックスブラッケオーストリアン・スムース・ブラッケグラン・ガスコン・サントンジョワジャーマン・ハンティング・テリアノルウェジアン・エルクハウンドポーリッシュ・グレーハウンドトランシルバニアン・ハウンドブルーノ・ジュラ・ハウンドカレリアン・ベア・ドッグポデンコ・アンダルースフィニッシュ・ハウンドポデンゴ・ポルトゥゲスシラーシュトーヴァレノーフォーク・テリアヘレニック・ハウンドノーリッチ・テリア小鷹狩り・小鷹狩狩座・狩倉・狩競

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

狩りの関連情報